大紀元時報
トップ 習近平
習近平
2020年5月22日、中国北京で開催された全国人民代表大会(LEO RAMIREZ/AFP via Getty Images)
2020.06.30
米、中国高官のビザ発給を規制 最高指導部を含む数百人が対象か

米国務省は6月26日、香港の高度な自治を脅かし、香港市民の人権を侵害する中国共産党政権の現職、または前職の高官(crrent and former CCP off...

中国北京市にある中南海の一角(Mark Schiefelbein-Pool/Getty Images)
2020.06.26
<中共ウイルス>「チャイナ・セブンは今どこ?」感染拡大の北京で憶測飛び交う

6月11日、中国北京市の食品卸売市場で中共ウイルス(新型コロナウイルス)の集団感染が発生してから、市政府は学校の閉鎖や移動規制を実施し、市内の大半の地域で都市封鎖...

2020.06.23
【紀元曙光】2020年6月21日

(前稿に続く)そうしたものを、「伝統」などと、ことさら言う必要もない。

習近平国家主席は6月17日、アフリカ諸国の首脳とのテレビ会議で、中共ウイルスのワクチンをアフリカ各国へ優先的に提供すると明言した(PHILIP FONG/AFP via Getty Images)
2020.06.22
<中共ウイルス>中国、ワクチンをアフリカ諸国へ優先的に提供 市民から批判の声

中国国営中央テレビは6月19日、中国国内で開発が進められている中共ウイルス(新型コロナウイルス)のワクチンについて、「3種類のワクチンが、3段階の臨床試験のうちの...

中国当局はこのほど、通販サイト「淘宝網」から任天堂のゲームソフト「スーパー・マリオ・メーカー2」を取り下げた(中国Q&Aサイト「知乎」よりスクリーンショット)
2020.06.16
中国当局、「スーパー・マリオ・メーカー2」を削除、利用者の当局批判が原因か

任天堂の家庭用ゲーム機「Nintendo Switch」のソフト、「スーパー・マリオ・メーカー2(中国語:超級馬里奥創作家2)」がこのほど、中国の通販サイトから削...

中国の習近平国家主席と李克強首相が、北京の人民大会堂で行われた全国人民代表大会(全人代=国会)の閉会式に出席した。2020年5月28日撮影(NICOLAS ASFOURI/AFP via Getty Images)
2020.06.10
中国、「露店経済」ブームに急ブレーキ 党内分裂が顕在化

中共ウイルス(新型コロナウイルス)による経済への打撃が深刻化する中、これまでに取り締まり対象だった露店が一転して景気刺激策として打ち出された。しかし、李克強首相が...

中国当局は4月19日、重大な規律違反と違法行為の疑いで公安省の孫力軍次官を調査していると発表した(大紀元合成)
2020.04.29
習近平当局、江沢民派の公安省次官を摘発 反習グループの人物か

中国共産党中央規律検査委員会と国家監察委員会は4月19日、公安省の孫力軍次官(51)について、「重大な規律違反と違法行為がある疑い」で取り調べを受けていると発表し...

中国の有名企業家で歯に衣着せぬ物言いで人気が高い任志強氏(Press via Getty Images)
2020.04.01
中共肺炎の対応を批判した著名実業家、拘束中ハンストの情報 権力闘争勃発の見方も

 中共ウイルス(新型コロナウイルス)をめぐり、中国当局の情報隠ぺいで世界的な感染拡大を招いたことに、共産党体制内部からも反発が相次ぎ、権力争いが激化している。

モナコ公国のアルベール2世大公(Harold Cunningham/Getty Images)
2020.03.27
モナコのアルベール2世、中共ウイルス感染 10回訪中する親中派

モナコは人口3万人、国土面積わずか2平方キロメートルと世界で2番目に小さい国。アルベール2世は2005年に即位して以来、中国の一帯一路に参加し、次世代通信規格5G...

中国の紅二代らはこのほど、SNS上で習近平政権への批判を強めている(Getty Images)
2020.03.24
中国「紅二代」が習指導部を批判 「中共肺炎」対策巡って

中共肺炎(COVID-19)が世界中にまん延する中、中国当局は国内で言論の自由を抑圧し続けている。当局は、感染拡大防止政策を批判した「紅二代」(毛沢東らと共産革命...

2020.03.14
【紀元曙光】2020年3月14日

一昨日の小欄に書いたことを、筆者自身が再び考えている。

2020.03.12
【紀元曙光】2020年3月12日

「假的、假的、全都是假的!」。日本語に訳せば「ウソだ。ペテンだ。全部ヤラセだ!」になる。3月5日に武漢を視察した孫春蘭副首相らに対して、アパート楼上の各所から浴び...

3月10日、北京市街にある大型スクリーンに映し出された習近平国家主席の武漢市訪問に関する報道(Kevin Frayer/Getty Images)
2020.03.11
習近平氏が武漢視察、不満やクーデターの噂を打ち消すためか

中国の習近平国家主席は3月10日、厳重な警備の下で中共肺炎(COVID-19、武漢肺炎ともいう)の発生源である湖北省武漢市に入った。時事評論員は、習主席は視察を通...

中国の国営放送局「中央テレビ(CCTV)」の本社ビル周辺の歩道。2020年3月2日(AP Photo/Andy Wong)
2020.03.08
<中共肺炎>「私たちの暮らしは蜜よりも甘い」常軌を逸した共産党プロパガンダに大顰蹙

中国で最近、習近平指導部を称える報道が相次いでいる。2月29日付け中国共産党機関紙「人民日報」は「私たちの暮らしは蜜よりも甘い」と題した記事を掲載し、黒龍江省の農...

カナダ人ネットユーザーOsuka Yip氏が1月31日、オンライン署名サイト「change.org」でWHOのテドロス事務局長に対する辞職を求める署名活動を発起した(change.orgよりスクリーンショット)
2020.03.04
<中共肺炎>中国・WHO合同調査チーム、責任者「感染したら中国で治療したい」

世界保健機関(WHO)の調査専門家チームの責任者は2月24日と25日、中国北京とスイス・ジュネーブのWHO本部でそれぞれ記者会見を行い、中共ウイルス(新型コロナウ...

習近平国家主席は2月23日、中共肺炎(新型肺炎)の感染拡大防止に関してテレビ電話会議を召集した。全国各地方政府など17万人が参加した(PHILIP FONG/AFP via Getty Images)
2020.02.26
<中共肺炎>習主席が「史上初」のテレビ電話会議を召集 約17万人参加

中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染が引き続き拡大している中、中国の習近平国家主席は2月23日、北京で「史上初最大規模」のテレビ電話会議を召集した。中国政府系...

トランプ大統領はなぜ習近平主席の新型肺炎対応を「称賛」するのか(GettyImages)
2020.02.19
トランプ米大統領、なぜ習近平の新型肺炎対応を「称賛」するのか=米VOA

中国湖北省武漢から広がった新型コロナウイルスの流行後、中国共産党の伝染病対応を不適切と批判する「内部告発者」が圧迫されている。しかし、トランプ米大統領はしばしば、...

中国共産党機関誌「求是」によると、習近平国家主席は1月7日、新型肺炎の感染状況を把握した(PHILIP FONG/AFP via Getty Images)
2020.02.18
習政権と武漢市、泥沼の責任転嫁 市長2週間以上姿消す

中国では、新型肺炎の発生源である湖北省武漢市の周先旺市長が1月27日以降、公の場に姿を見せていないことに憶測が飛び交っている。中国習近平政権と武漢市政府は、収束の...

新型コロナウイルス(COVID-19)の立体構造(www.cdc.gov)
2020.02.17
習近平主席、「生物安全」の法整備急ぐ 新型コロナウイルスの発生が念頭か

中国では新型コロナウイルス(COVID-19)が猛威を振るっているなか、ウイルスの発生源は今なお謎のままだ。習近平国家主席は最近、会議で「生物安全」を強調し、注目...

習近平国家主席は1月28日からすでに1週間も公の場に姿を見せていない(STR/AFP via Getty Images)
2020.02.05
習近平中国主席、1週間姿を見せず 憶測呼ぶ

新型コロナウイルスによる肺炎が中国で感染を拡大しているなか、習近平国家主席は1月28日からすでに1週間も公の場で姿を見せていない。

2020年1月25日、旧正月を迎える北京市内の様子(Kevin Frayer/Getty Images)
2020.01.29
<新型肺炎>まん延阻止より安定優先か 専門家不在の対策チーム

中国最高指導部は25日、湖北省武漢市を中心に発生した新型肺炎について、直轄のまん延防止対策チームを設置した。専門家は、同チームは政権安定を目的にしていると指摘した...

1月6日、中国の香港出先機関である中央政府駐香港連絡弁公室の駱恵寧・主任が記者会見に臨んだ(黄信真/大紀元)
2020.01.07
香港出先機関新トップが会見 穏健派アピールも「期待できない」との声

中国当局が1月4日、香港出先機関である中央政府駐香港連絡弁公室(中連弁)のトップを更迭した。新たに任命された中連弁の駱恵寧・主任(65)は6日、香港で記者会見を開...

11月24日、香港の区議会選挙の投票で民主派が圧勝したことに市民から歓声が上がった(宋碧龍/大紀元)
2019.11.28
香港区議選の結果に落胆した中国指導部、ニセ情報で情勢を誤判断か 民意を読み取れず

11月24日、香港で行われた区議会選挙(地方議会選挙)でば、民主派候補者は18の区議会を合わせた全452の議席の8割以上を獲得して圧勝した。香港メディアの報道によ...

中国共産党中央政治局常務委員兼国務院副首相の韓正氏(大紀元資料室)
2019.11.19
香港情勢が緊張 韓正副首相が6度目の深セン入り 広州で反テロ演習

中国の習近平国家主席がこのほど、香港の抗議者を一段と厳しく取り締まる姿勢を示した。これ以降、中国最高指導部の高官と中国軍の香港駐留部隊から動きが見られたほか、広東...

10月10日、中国の習近平主席の訪印に合わせて、習主席の顔のお面を付けるインドの学生たち(GettyImages)
2019.11.13
印中フォーラムが延期、印当局が中国関係者にビザ発給せず

インドのデリーで13日に開かれる予定の第8回印中ビジネスフォーラムが延期された。消息筋によると、インド当局が、中国関係者へのビザを発給しなかったためだという。

中国の習近平国家主席(中)(Fred Dufour - Pool/Getty Images)
2019.11.05
中国の習近平国家主席、「中国式の民主主義」に言及 官製メディアが報道せず

中国の習近平国家主席が11月2日、上海市長寧区を視察した際、初めて「全過程の民主」を言及したことに注目された。

香港メディアなどはこのほど、中国の習近平国家主席は28~31日の日程で開催される党の重要会議「四中全会」で後継者を決めると報じた(Lintao Zhang/Getty Images)
2019.10.26
中国、四中全会で習近平氏が後継者指名との報道、専門家は否定

中国共産党は24日の中央政治局会議で、党の重要会議である第19期中央委員会第4回全体会議(四中全会)の開催日について、28~31日の日程で開催すると決定した。一部...

中国で最もダウンロードされているアプリ「学習強国」には、携帯電話の管理権限を明け渡す「のっとり」機能が備わっていることが、米調査で明らかになった(GREG BAKER/AFP/Getty Images)
2019.10.16
中国共産党思想学習アプリに「乗っ取り」機能搭載か ユーザー「デジタル手錠」

中国共産党が市民に向けて、党紀やイデオロギーを学習する様にアプリを作成している。すでに1億人以上が携帯電話に導入しているが、このアプリは、当局側が機密に管理権限を...

中国共産党理論誌「求是」は10月2日、習近平総書記(中)が党内闘争を警告する演説を掲載した(Fred Dufour – Pool/Getty Images)
2019.10.15
習近平氏が「内部の反乱」に警鐘 四中全会を控え反対勢力を牽制か

中国共産党が10月1日天安門広場で、政権樹立70周年を祝う盛大な軍事パレードを行った翌日に、党理論誌「求是」で習近平総書記が1年前に行った演説内容を再び掲載した。...

中国共産党中央政治局常務委員7人はこのほど、党幹部と党員に対して相次いで「初心を忘れずに」と呼び掛けた(Getty Images)
2019.07.30
中国最高指導部「初心忘れず」呼び掛け 専門家「共産党イデオロギーがすでに崩壊」

内憂外患に陥っている中国当局の最高指導部はこのほど、相次いで共産主義を実現するための「初心を忘れないで」と党内の幹部に呼び掛けている。時事評論家は、中国共産党内の...

^