小さいけど優秀な食材「ベビーコーンを活用しましょう!」

ベビーコーンはカロリーが低くダイエットに役立つ上、塩分を体外に排出するカリウムを多く含むため、血圧コントロールにも有益です。つまりベビーコーンは、心臓血管を保護し、脳卒中の予防も期待できる「優秀な食材」なのです
2022/03/10

「心のもち方」が命を救う

多くの人は、感情の健康への影響を軽く見ているのではないだろうか。その理由の一つは、私たちが物質面から病気を見ることに慣れすぎているからで、もう一つの理由は、ほとんどの人が、感情が病気を引き起こす事実を信じていないことだ
2022/03/09

「高血圧を7日で改善する」菜食という選択肢

高血圧は「高塩分、高油脂、高カロリー」の食事と関係があると言われています。そこで高血圧を改善するためには、その原因となる食生活を改めることが肝要です
2022/02/25

「新陳代謝の速度を落とす」それがあなたの老化を防ぎます

医師であり、栄養療法の専門家でもある私(筆者)より、新陳代謝を適度に抑制することで老化を遅らせる「3つの秘訣」について、ご紹介します。「3つの秘訣」とは、植物栄養食法、カロリー制限、運動です。
2022/01/28

研究では怒り、情緒過激、激しい運動が脳卒中を誘発する可能性がある

脳卒中の引き金となるものは何ですか?最近の研究によると、脳卒中患者の多くは、脳卒中の直前に、怒り、極度の不安、悲しみ、不機嫌、あるいは肉体的に力を使い果たしたなど、似たような経験をしたことがあるようです。
2022/01/23

「体の器官が砂糖水に浸かる」糖尿病を軽く見ずに、予防しましょう

糖尿病が重篤になった場合、その合併症によって死に至るケースもあるので十分な注意が必要だ。世界保健機関(WHO)2021年の報告によると、全世界では17人に1人が糖尿病を患っているという
2022/01/14

糖尿病へ進まないために「今日から始める5つの対策」

「2型糖尿病」という診断に至らなくても、すでに血糖値が正常値より高い状態を「糖尿病予備軍」と呼んでいます。この段階では自分では気づかない人が多いのですが、実はすでに健康問題に深刻な影が差しているのです。
2022/01/13

「冬の温度差に注意して!」心筋梗塞を防ぐ方法

寒い冬は、心血管疾患の多発期です。気温が低いと心筋梗塞や脳卒中を起こしやすくなり、重度の後遺症が残ったり突然死に至ることもあります。
2021/11/30

「あなたの飲食は適切ですか?」台湾医師が4つの誤解を解きます

ダイエットや減量のつもりで毎日やっている方法が実は適切でなかった場合、かえって深刻な病気を招くこともある。また何気なくしていたことが不健康の源だったりすることもある。ここでは飲食に纏わる4つの誤解について解説する。
2021/11/29

新しいガイドラインから「あなたの心臓を守る食事」10項目

WHOが2020年に発表した世界の死因のトップ10に冠動脈疾患がランクインした。「心臓血管健康飲食ガイドライン」に提示されている心臓の健康によい食事のパターンの中から要点となる10項目をご紹介
2021/11/27

抗老化だけではない「ビタミンEがもつ4つの効能」

ビタミンEのもつ利点は、私たちの想像を超えているかもない。ビタミンEにはフリーラジカルを死滅させる力があり、細胞への攻撃を減らし、がん細胞ができる確率を低下させる
2021/11/26

夏が過ぎても忘れないで「水分補給に関する11の質問」

秋も終盤。もう真夏ではないので、水の必要性については、あまり意識されないかも知れません。しかし、季節を問わず、生物である人間にとって一定量の水分を体内に保つことは、生命と健康を維持する上で非常に大切なことなのです。
2021/11/05

ご注意ください!「朝食を食べない」8つのリスク

朝食は、1日のうちで最も重要な食事です。 昨晩の夕食から今日の朝まで、10数時間の間に胃腸内の食物は、すでに消化されています。ここで朝食を抜くと、胃酸の過剰分泌による胃腸粘膜が損傷します
2021/11/02

「ストレスが老化の原因」10歳若返るストレス解消法

「ストレスが多い人は老化しやすい」ということは、残念ながら事実として認めなければなりません。この場合の老化は、外見と体の内面の二つの側面から説明する必要があります。
2021/10/28

漢方医おすすめ家庭の妙薬「湿気を去り、体を温める」

爽やかな秋の好季節ですが、時には、肌寒さや冷えを感じることもあります。 そこでうっかり体を冷やしてしまい、風邪をひいたり、体調を崩したりするのも今の時期にありがちなことです
2021/10/16

「けっこう怖いエアコン病」急激な温度変化に気をつけて

猛暑の屋外からエアコンの効いた涼しい建物に入ると、確かに「気持ちいい」ですよね。
2021/07/24

勇敢な心

私たちは人生を生きていく中で、何が起こっても準備はできていると思いがちだ。しかし時に私たちは人生につまずき、何も準備ができていなかったと思い知らされる。
2020/03/11

脳のオナラって何? それを予防する方法とは

脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brain fart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米神経心理学者ミシェル・ブラウン博士(Michelle Braun)は、なぜ人はど忘れするのか、その理由と予防法を米ウェブサイトのメディカル・デイリーに語っています。
2019/02/07

脳のオナラって何? それを予防する方法とは

脳のオナラとは一体何でしょうか?「Brain fart」(脳のオナラ)とは、頭から空気しか出てこない、つまり頭がからっぽの状態のことで、「ど忘れする」ことです。米神経心理学者ミシェル・ブラウン博士(Michelle Braun)は、なぜ人はど忘れするのか、その理由と予防法を米ウェブサイトのメディカル・デイリーに語っています。
2017/08/03

「脳卒中」その本当の元凶は?=最新研究発表

今までの認識では、血液中の低密度リポ蛋白(LDL)群(俗に言う悪玉コレステロール)が正常値より高い人には脳卒中を罹患しやすいと思われていたが、しかし、脳卒中患者の中にはLDL値が高くない人も多くいる。最近の研究では、LDLの中に含まれるL5(陰性荷電の強いLDLの分画)こそ心脳血管疾患の本当の元凶であることが分かった。
2016/11/21

大気汚染で「1万6000人が死亡」と予測、広東省の火力発電所=米調査

【大紀元日本8月29日】中国広東省に新規に建設される予定の石炭火力発電所は、向こう40年間で約1万6000人が死に至る深刻な公害問題を引き起こすという。大気汚染に詳しい専門家がこのたび発表した新調査で
2013/08/29

金正日総書記、異常言動目立つ 脳卒中の後遺症で判断力に問題か

 【大紀元日本7月9日】同じ公演を半月で2回鑑賞した後に、何の問題もない劇場の建て直しを指示したり、「外資100億ドルは誘致できる」といきなり豪語したり、北朝鮮の金正日総書記の判断力に問題が生じている
2010/07/09

偏頭痛で英語が中国語なまりに=英国女性

 【大紀元日本6月6日】中国に足を踏み入れたこともない英国人女性がひどい偏頭痛のあと、家族や友人にも本人と認識されなくなるほど強い中国語なまりの英語を話すようになった。英紙「デイリーメール」が伝えてい
2010/06/06

喫煙は脳卒中の重要な一因=中国

 【大紀元日本3月13日】中国人男性の脳卒中患者のうち、7人に1人が喫煙によって発症したということが、中国と米国の研究者による最新の調査結果で明らかとなった。 米国心臓協会の機関誌に掲載されたこの研究
2008/03/13

睡眠の過不足で、死亡率が増加

 【大紀元日本10月12日】どれくらいの睡眠時間が体にもっとも良いのだろうか? 1日の睡眠時間は人それぞれで、4~5時間しか取らない人もいれば、10時間以上寝なければ、足りないと感じる人もいる。最近の
2007/10/12

【ノンフィクション】ナンシーのカルテ(1)

 【大紀元日本8月14日】「先生、私はどうしてこんなにも不幸なのかしら?」ナンシーは診療室で、涙ながらに私にここ数ヶ月間の出来事を訴えた。 ナンシーは、「私は、自分の誕生日に自分が末期の乳がんであるこ
2007/08/14