印刷版   

四川省農村の小学校(Getty images)

中国農村出身の大学進学率激減、広がる都市と農村の格差

 【大紀元日本1月25日】中国では農村からの大学就学者がますます少なくなり、1980年の30%から、2008年は18%にまで減少しているという。これは中国の貧富両極分化を証明する例であるとBBCが伝えた。

 急速な経済増長は多くの児童に高等教育を受ける機会を与え、2008年は550万人が大学を卒業した。しかし、32年前、中国で大学入試が回復したばかりの頃の農民の大学進学率が30%以上であったのに、昨年卒業した農村出身の学生は100万人にも満たない。

 急速な都市化で農村の人口は大幅に減少しているのが現状だ。しかし、依然として農村の人口は中国総人口の半数以上を占めている。

 にもかかわらず、大学における農村出身の学生数が極端に少ないのはなぜだろうか。

 原因の一つに都市と農村の収入格差の拡大が挙げられる。この格差はますます広がっており、4年間大学教育を受けるのに要する費用は農村の労働力13年分の純収入と変わらないのだという。

 この他にも教師と教育資源の分配が均等でないことも原因として挙げられる。

 これと同時に、大学卒業後の将来の就職の見通しが暗いことも、農村出身の学生の一部の親たちがこの方面にお金をかけたくない、あるいはかけられない理由の一つだ。

 中国の教育改革では往々にして大都市の学校が優遇されることが多い。さらに優秀な教師も将来の子供の教育と給与待遇を考慮し、田舎から都市へ移ってしまう。こうした理由から、農村の学生は常に不利な立場に立たされているのが現状だ。

 
(翻訳・坂本、編集・月岡)


 (09/01/25 09:30)  





■関連文章
  • 中国土地私有化に進展か、共産党権力低下の兆し(08/10/22)
  • 中国農業部:農村と都市部の格差、依然拡大傾向(08/08/31)
  • 出稼ぎ労働者の子供たちの就学問題(08/08/24)
  • 中国農村に腐敗蔓延、政権安定への影響懸念する当局(07/10/05)
  • 中国、世界で唯一男性より女性の自殺者が多い国=地元紙(07/09/13)
  • 中国農村部教師、社会保障を求める陳情・抗議活動(07/08/26)
  • 中国の文盲、大幅に増加(07/08/07)
  • 英口蹄疫:感染農場付近研究施設、ウイルス株流出の疑い(07/08/06)
  • 中国の身分差別、戸籍制度の改革(07/03/05)
  • 中国国内消費低迷、低い労働賃金が原因=世界銀行(07/02/23)
  • 中国:一人っ子政策を無視する富裕層(07/02/17)
  • 中国・土地私有化:台湾の経験に倣えるのか(07/02/09)
  • 三農問題の根本は、現国家体制に有る=中国有識者(07/02/06)
  • 中国都市経済の主力となった出稼ぎ農民(06/11/06)
  • 中国農村人口の過半数、歯磨きの習慣なし(06/09/02)