THE EPOCH TIMES

金総書記死亡 国連総会で多くの国は黙とうせず

2011年12月24日 09時44分
 【大紀元日本12月24日】国連総会は22日、朝鮮の国連代表の要請に応じて、先日死亡が明らかになった金総書記に黙とうをささげた。日米韓のほか、英国、フランス、ドイツを含む欧州連合の27カ国が黙とうしなかった。193の加盟国のうち、出席した国は3分の1にも満たない。国連のこの対応は不適切だとも指摘されている。

 通常1分間の黙とうは25秒で終わった。多くの欧米諸国の国連代表は、国連が黙とうを許可したことに驚きを示し、北朝鮮側のこの要請は非常識だと非難した。 

 ある欧州国家の外交官は、「金正日は絶対に国連で黙とうされるべき人物ではない」と述べた。またあるアジアの国の外交官は、「私たちはその気まずい時間を耐えるほかない」と話した。

 ナスル総会議長は記者会見で、「外交礼儀」に基づいて北朝鮮側の要請を受け入れたと説明し、金正日への黙とうは実に「悲しい義務だ」とも暗示した。国連は金氏死亡について、半旗を掲げていない。

 北朝鮮の国連代表は国連安保理にも金総書記への黙とうを要請したが、却下された。また、北朝鮮代表団は国連で唯一の弔問記帳を設け、記帳するすべての人を撮影しているという。

 中国国内のウェブサイトでは、今回の黙とうを非難する書き込みが殺到、中国政府が裏で働いたのではないかと指摘する声もある。

 (翻訳編集・叶子)
関連キーワード

関連特集

^