米NYC、フェンタニルによる死 昨年比で55%以上増加=CDC

米ニューヨーク市の住民が、医療用麻薬「オピオイド」を合成した薬物フェンタニルの過剰摂取で死亡するケースが増えている。米国疾病対策予防センター(CDC)の推計によると、3月末までの12か月間で1778人が死亡し、前年同期比
2021/10/19

合成薬物サプライチェーン、中国工場は出発点 インド太平洋地域で記録的な押収量

最近、インド太平洋地域で違法な合成薬物製造が急増している。これには新型コロナウイルス(COVID-19)パンデミック、ミャンマーの軍事クーデター、合法の「前駆体化学物質(麻薬前駆体)」の転用という新たな手法の出現など、すべてが要因として絡んでいる。
2021/06/28

国連刑事司法会議「京都コングレス」開催 セッションでは臓器奪取問題も言及

5年に1度開催される国連犯罪防止刑事司法会議が7日、国立京都国際会館で開幕した。「京都コングレス」と名付けられた第14回会議は、12日まで開かれる。新型コロナウイルス(中共ウイルス)が世界的に蔓延して以降、日本では初の大型国際会議だ。期間中のテーマ別セッションでは、テロ、偽装医薬品、オンライン犯罪、子供と司法教育のほか、臓器摘出のために行われる人身売買に関する問題が取り上げられる。
2021/03/12

上海発コンテナ船に750億円相当のフェンタニル「中国は引き続き毒を送っている」=米当局

メキシコ海軍は同国カルデナス港で、中国の上海発デンマーク籍のコンテナ船から、25トンものフェンタニル粉末を発見し、押収した。末端価格は750億円相当におよぶ。米麻薬捜査局はSNSで「中国は引き続き米国に毒を送り続けている」と警告を発した。
2019/09/04

ヘロイン中毒から抜け出して1年、クリーンに生きる女性

キャロライン・ベストはヘロインとコカインに翻弄される人生の中、15年間にわたって刑務所を出入りを繰り返していたとThe Mirror(イギリスの主要な日刊タブロイド紙)は報道する。
2019/09/02

米委員会、中国製薬品への深刻な依存に警鐘「10年後、ジェネリック製造力失う」

中国は世界的なジェネリック医薬品と医薬品原料の主要輸出国だ。専門家らは、米国市場に長年製品を供給してきた中国の製薬業界は、国家安全保障上の脅威であると分析する。
2019/08/01

「アヘン戦争」カナダへ侵攻 中国製の鎮痛薬フェンタニル 抑制できるか

カナダの外交情報筋はこのたび、過剰摂取で死にいたる鎮静剤フェンタニルは安価な中国製がカナダに大量流入しており、両国の外交の上位課題であると位置づけているという。同国メディア・グローバルニュースは12月1日、情報筋の話を伝えた。
2018/12/03

アヘン戦争ふたたび 中国製の合成薬物が米社会を破壊=米専門家

「戦争の一種だ」「中国では大手の製薬会社がゴミを作り人々を殺している」ー。米国のトランプ大統領は8月16日の閣僚会議で、依存性の高い合成薬物に関する被害について語った。専門家は、中国の麻薬組織が危険な合成薬物は米国社会を崩壊させていると分析する。
2018/08/22

焦点:米国の「オピオイド中毒」、地域社会に深刻な財政負担

Paula Seligson and Tim Reid [インディアナ(ペンシルバニア州)/チリコシ(オハイオ州) 19日 ロイター] - 米国でオピオイド系鎮痛剤の乱用による死者数が増加するなか、この新たな薬物危機の最前線に立つ地域社会が、財政負担という思わぬ打撃に直面している。 オハイオ州コロンバスから南に1時間の距離に位置する人口7万7000のロス郡は、オピオイド系鎮痛剤の乱用に関連する
2017/09/26 Reuters