大紀元時報
トップ パンデミック
パンデミック
1月11日に行われた台湾総統選で勝利した与党・民進党の蔡英文総統(前列右)と副総統に選出された賴清徳氏(前列中)(大紀元)
2020.05.27
中国大使館がブラジル議員に「蔡英文就任式を無視」 ネットで「台湾万歳」のメッセージ相次ぐ

ブラジル下院議員はこのほど、在ブラジル中国大使館から同国国会議員宛てに、2期目を始動させた台湾・蔡英文総統の就任式を黙秘するよう要求する書簡が届いていたことを明ら...

黒龍江省のハルビン第二病院で集団感染が発生したことを受けて、現地当局は各市町村に対して防疫管理の強化を行うよう「工作建議」を通知した(大紀元資料)
2020.05.21
<独自>閉鎖されたハルビン第二病院 監獄スタイルの管理=黒龍江省内部文書

黒龍江省では最近、中共ウイルス(新型コロナウイルス、COVID-19)が再流行している。このほど、大紀元が入手した省の伝染病予防に関する内部文書によると、中国共産...

2020.05.21
独占インタビュー
米国務省報道官モーガン・オータガス氏:パンデミックの真相究明は中国への報復ではない

武漢コロナウイルスの発生源についてアメリカ国務省はどう考えているのか。 パンデミックは独裁国家と民主国家の対応の違いを浮き彫りにしたのか。 米中関係の将来の展...

ポンペオ国務長官は2020年5月7日、ラジオ番組で「今や世界中の人々が、この独裁政権が私たちとは違っていることに気づいたと思います」と発言(Andreas Gora – Pool /Getty Images)
2020.05.11
ポンペオ国務長官、パンデミックで世界が 中国共産主義の脅威に「目を覚ます」

マイク・ポンペオ米国務長官は5月7日、このパンデミックによって、中国の共産政権がもたらす脅威に世界が警戒するようになったと述べた。

現在、アメリカ、イタリアなど8カ国の政府や民間機関が、中国政府に賠償を求める訴訟を起こしている。(大紀元)
2020.05.10
伊ピエモンテ州議員、中国に2兆円超の賠償金を主張 

中共ウイルス(COVID-19)の感染拡大で大きな被害を受けたイタリアでは、中国政府に賠償を求める動きが相次いだ。ロンバルディア州、ヴェネト州に続き、同国北西部に...

『九評共産党』(博大出版)
2020.05.08
『九評共産党』発表16年後も注目される理由

大紀元時報が16年前に出版した社説『九評共産党』は今も、読者に支持されている。中共ウイルス(新型コロナウイルス)を発端に高まる世界の反共ブームで同書は再び注目され...

2020.05.07
<中共ウイルス>果たして欧州は目覚めたのか?―チャイナ・アングル

中共ウイルス(新型コロナウイルス)は、中国共産党の危険性を世に知らしめた。ある意味、現在のパンデミックは世界戦争とも言えるだろう。

2020.04.29
【動画】中国のサプライチェーン支配:中国共産党を助けたアメリカ

中共ウイルス(新型コロナウイルス)によるパンデミック発生前、グローバルなサプライチェーンの問題点は主に経済だった。4カ月が過ぎ、これは安全保障問題へと発展した。...

長年中国臓器狩り問題を調査してきたカナダ人権弁護士のデービット・マタス氏。2019年10月米バージニア州で撮影(林楽予/大紀元)
2020.04.23
中共肺炎のまん延、カナダ人権弁護士「国家によるテロで刑事責任問うべき」

中共ウイルス(新型コロナウイルス)が全世界で猛威を振るうなか、多くの国の政府や団体が、中国当局が当初から感染情報を隠ぺいし、感染者数を過少報告したと非難している。...

内モンゴルの農業従事者、参考写真(Betsy Joles/ Getty Images)
2020.04.23
内モンゴル、中共ウイルスとペストが流行=内部文書

中国の内モンゴル地域の政府内部文書によれば、地元当局が中共ウイルス(新型コロナウイルス)の流行の規模を過小評価していることがわかった。

英国の国会議員らは、イマジネーションの支配権変更が国家安全保障への潜在的な脅威だとして、ボリス・ジョンソン首相に介入するよう働きかけている(Justin Sullivan/Getty Images)
2020.04.08
英半導体メーカー、中国国有企業が支配権握る恐れ 議員ら政府介入を求める

英国のスカイニュースによると、半導体メーカーの英イマジネーション・テクノロジーズは、中国国有企業、中国国新ホールンディング(China Reform Holdin...

アメリカ疾病対策予防センター(CDC)(大紀元資料室)
2020.04.03
<中共肺炎>米CDC、発症前1~3日間にウイルス伝播の可能性を警告

米疾病対策予防センター(CDC)の最新研究によると、中共ウイルス(新型コロナウイルス)に感染した患者は、発熱やせき、息切れなどの症状が現れる前の数日間に、ウイルス...

中国河北省邯鄲市の工場でマスクを生産している女性従業員。2020年2月28日撮影(AFP/Getty Images)
2020.04.02
欧州で顰蹙買う中国のマスク外交 専門家「宣伝活動の一環」

「中国の人道的な支援は、ウイルス拡散に対する中国の対応の不手際を隠ぺいし、経済も医療もギリギリにまで追い込まれ必死になっている欧州諸国を味方につけることだ」とラフ...

中共ウイルスの感染患者の急増で、米海軍病院船がロサンゼルスとニューヨークに到着し、医療活動を展開する(US Navy photo)
2020.04.01
ロサンゼルスで医療援助を展開する米海軍病院船 その実力とは

中共ウイルスのパンデミックに対応するロサンゼルスの医療システムを支援するため、米海軍病院船 「マーシー」 が先週金曜日にロサンゼルスに到着した。

中国共産党の情報隠蔽で世界中に感染拡大した。写真はイスタンブールで道路を消毒する関係者(Chris McGrath/Getty Images)
2020.03.24
未来を守るために中国共産党に問責を=ハドソン研究所専門家

米保守系シンクタンク、ハドソン研究所の専門家は、中国共産党がSARSの教訓を学ばず、中共ウイルス(武漢肺炎)発生後に情報を隠蔽し、他国の情報へのアクセスを遮断する...

台湾海上保安庁の船に相次ぎ衝突する中国「漁船」のスピードボート(スクリーンショット)
2020.03.22
台湾船に組織的に衝突する十数隻の中国漁船 「民兵」を疑う声

台湾の市民ジャーナリスト組織によると、3月19日、兵士が操作していると疑われる小型スピードボート十数隻が、台湾の金門海域で海上巡視船に追突したり、包囲したりした。...

2020.03.15
【紀元曙光】2020年3月15日

中国の医療隊が3月13日、30トンの医療物資とともにイタリアに着いた。同国の北部を中心に医療支援を行うという。

武漢海鮮市場から20キロの位置にある、高リスク病原体を取り扱うレベル4研究所から、漏れ出た可能性があるという。写真は1月29日、新型コロナウイルスの解析を行うフランスの研究施設、参考写真(GettyImages)
2020.01.29
新型コロナウイルス、初期患者の3割は「海鮮市場に行っていない」 医学誌が指摘

このほど中国で蔓延している新型コロナウイルスは、野生動物を取引していた海鮮市場を感染源と報道されている。しかし、一部の専門家は、市場から20キロメートルしか離れて...

2020.01.28
【紀元曙光】2020年1月28日

およそ百年前、1918年から1919年にかけて大流行したインフルエンザは「スペイン風邪」と呼ばれ、全世界で猛威を振るった。感染者は5億人以上、死者は5千万から1億...

1月25日、武漢市のある病院内の様子(HECTOR RETAMAL/AFP via Getty Images)
2020.01.27
<新型肺炎>米専門家「熱核反応のようなパンデミック」 2月に感染者25万人と推定

中国では、武漢市を中心に発生した新型コロナウイルスによる肺炎の感染が急速に拡大している。米国の専門家は、新型肺炎は「熱核反応のようなパンデミック」になる恐れがある...

武漢の原因不明の肺炎 59例確認 163人が接触の疑い 当局はSARS否定(中央社)
2020.01.06
武漢、SARSの可能性を否定 肺炎患者59人確認 香港とシンガポールにも感染患者

中国武漢の衛生健康委員会当局は1月5日、昨年末から流行しているウイルス性肺炎は59例を確認し、7例は重篤な症状で、163人に接触による感染の疑いがあると発表した。...

 中国保健当局の幹部がH7N9型の鳥インフルエンザについて、限定的に人から人への感染の可能性を初めて証言。(ChinaFotoPress/Getty Images)
2013.04.22
鳥インフルH7N9型、人から人への感染可能=北京保健局

【大紀元日本4月22日】中国保健当局の幹部がH7N9型の鳥インフルエンザウィルスについて、限定的な形で人から人への感染が可能であると初めて証言した。 上海の二家族...

ユーザー「蘭調絲語」の投稿(スクリーンショット)
2013.04.04
鳥インフルで3人目の死者 ユーザーら、政府情報に疑いの目

ユーザー「蘭調絲語」の投稿(スクリーンショット)【大紀元日本4月4日】浙江省当局は3日、同省杭州市の男性2人がH7N9型鳥インフルエンザに感染し、うち1人が死亡し...

2009.06.12
WHO:新型インフル、世界大流行宣言

 【大紀元日本6月12日】世界保健機関(WHO)は6月11日午後6時、新型インフルの警戒レベルを最高基準の「フェーズ6」に引き上げることを発表した。事務局長の陳馮...

11日、メキシコでおよそ1800万人の学生や子供たちが学校へ登校した。多くの子供たちがマスクをして登校している(ALFREDO ESTRELLA/AFP/Getty Images)
2009.05.14
WHO、新型インフルエンザ、パンデミックと言える段階ではない

 【大紀元日本5月13日】 ロイター通信によると11日、WHO国際保健機関は、新型インフルエンザは北アメリカ以外では人から人への感染が続く様子はなく、パンデミック...

^