THE EPOCH TIMES

災厄の根源・中共から中国を救う

2008年05月21日 16時01分
 【大紀元日本5月21日】最近、 海外で行われている中共脱党応援集会と人権聖火リレーは、中国共産党(中共)政法委書記・周永康の指示の下、多くの妨害に遭っているという。周永康は海外の工作員機関に指示し、在外大使館に掌握されている中国人団体や留学生、学者団体、買収した現地のならずものに、直接脱党応援集会とリレー活動を妨害させ、それらに参加する中国人を攻撃している。

 妨害された中共脱党応援集会

 前中国公安部長の周永康は、法輪功弾圧の元凶でもあり、海外で人道に対する罪と拷問の罪で訴えられている。

 米ニューヨークのフラッシングにある図書館前で5月17日午後、全世界中共脱党応援センターが主催する「中共から脱党した3600万の勇気ある中国人を応援せよ」という集会の最中に、中共スパイらが集会を妨害し、参加者たちは罵声を浴びせられた。中には、70歳になる高齢の参加者にも、暴力を振るう妨害者がいたという。現場では、「もっと多くの人を連れてこい!一人90ドルだ!」と電話で叫ぶスパイの姿もあった。

 情報筋によると、中国大使館は数日前から集会を妨害する計画を立て、親中/共産党系のマスコミに「いちはやく報道してもらう」ため、日時を決めて現場に集合させたという。当日、脱党集会に姿を見せたこともなく、集会に関する報道をこれまで拒んできた親中派マスコミが、数多く現場に集まった。ニューヨークの「世界日報」だけでも3人の記者が現場におり、あらかじめ事件の発生を知っていたかのように、その場を観察していた。

 中国中央テレビ局と中共の海外メディアは妨害事件発生直後、脱党集会の参加者は「被災者に無関心」「愛国心がない」という誹謗中傷のニュースを報道した。集会参加者の中には多くの法輪功学習者がいるため、法輪功は批判の的となった。

 集会参加者の目撃情報によると、妨害者らは「自発的に脱党集会に参加した」とされる人を誘い出し、集会参加者に水をかけることを指示したり、中共の旗を配ったりして、テレビ撮影のために緊迫した雰囲気を作り出す妨害者もいたという。

 このような妨害活動は、初めてではない。中共の暴政はすでに人間の許容範囲を越え、神にも見放されてしまった。先日起きた四川省の大地震は、まだ目覚めていない中国人に対する警鐘と見る識者もいる。

 5月12日に起きた四川省大地震で、3万人が死亡、20数万人が負傷し、全ての中国人は深い悲しみに陥っている。大震災を前に、人々は災難がなぜ起きるのか、どのように災難を避けることができるのか、災難による損失をいかに軽減させることができるか、という事を今になってやっと考え始めたのである。

 災難の中で理解できない幾つかの「なぜ」

 今回の大地震は天災ではあるが、人災による被害も少なくない。人災の原因は技術的なものではなく、中共が政権を死守するために、救助活動を最重要事項
5月20日、成田を発つ日本の医療チーム=大地震発生後、すでに8日が経過(Yoshikazu Tsuno/AFP/Getty Images)

として展開しなかったからである。

 地震の前に様々な予兆が見られたが、中共はなぜ十分な調査もせずに、「デマ」として処理してしまったのか。四川省政府はデマの出所を探し出し、ウェブサイトでデマを打ち消す記事を掲載した。10年前、中共は24時間以内に出動できるパラシュート部隊が1万人いると豪語していたのに、地震発生後72時間たってもなぜやってこなかったのか。なぜ、72時間後に軍はヘリコプター20機しか出さなかったのか。さらに、災害の最も深刻な●川県(●はさんずい+文)に1000人の兵士しか出動しなかったのか。なぜ、震災の四日後に政府はやっと、工事用機械を搭載できるヘリコプターを投入したのか。なぜ、人命救助が最も緊迫していたとき、国際援助隊からの援助を断ったのか。なぜ、学校が大量に倒壊し、数多くの子供が命を失ったのに、政府の建物は難を逃れたのか。なぜ、オリンピックに四千億元という巨額な予算を当てられるのに、震災の救援に必要な金品を提供しないのか。なぜ、これほど深刻な被害に遭っているのに、政府は民衆が感動するような場面を積極的に報道せよと指示し、被災者の実際の苦境を報道することに力を入れなかったのか。

 中共に対する寛容は、死者に対する冒涜

 全ての中国人は、死者に対する同情から、ある疑問を持つようになるはずである。つまり、中国では、政府が社会の大部分の資源を独占しているため、民間組織が災害の救援にあたりたくとも、資源、能力においてその力は限られてしまう。従って、政府はその責任を負うべきではないか、と。

 政府の救援活動が効果的でないならば、人々は政府を非難する権利がある。数十万の国民が災難に見舞われているにもかかわらず、権力者はそれを自己顕示する絶好のチャンスにしているのだ。今は、責任者たちに対して寛容になり、彼らを賛美する時ではない。その反対に、この大災害の真っ只中にいる時、責任者らを監視し、彼らの問題点を指摘し、責任を追及しなければならない。

 このようにしなければ、私たちは死から免れていたかもしれない犠牲者にどのような供養を捧げることができるのか。いつかまたやってくる災難をどのように回避できるのか。私たちの愛国心と、死者に対する同情は決して、無能で人間性のない政権に対する寛容と同列にしてはならない。中共に対する「甘やかし」は、死者に対して非道であるということだ。

 国家指導者の温家宝が、「国民があなたたち(軍隊)を養っている」ことを分かっていたとしても、首相として迅速に軍隊を出動させ、救助活動に入らせることができず、海外の救援を受け入れたいとする彼の提案は受け入れられなかった。

 人命を極度に軽視し、自分のことしか考えない中共政権に、我々は直面しているのだ。中共政権は、自分のわずかな利益とメンツのために、市民の死活問題をまったく考慮していない。中共政権の腐敗は、胡錦濤と温家宝個人の意思で解決できるものではない。

 中共の無能力さ、そして恥知らずな行為が現れたのは、今回の地震だけではない。32年前の唐山大地震、5年前のSARS、今年に起きた雪害でも、そのつど、中共は真相を隠し、人命を軽視してきた。この悲劇は再三に起こっている。我々はこれ以上、中共に盲従し、中共の言いなりになってはいけない。

 終わりのない迫害

 被災者に対する誠意ある救助が見られないだけでなく、中共は一般市民に対しても人間性がない。中共の歴史は中国人の受難の歴史でもある。後を絶たない各種の政治運動は、今でも続いている。半数以上の中国人は中共からの迫害を受けたことがある。大地震による犠牲者の救助活動が行われている今でも、中共は直訴者、法輪功学習者を逮捕し続けている。

 この中でも、法輪功学習者に対する迫害はもっとも深刻であり、それは過去9年間、絶えることなく続いている。数千万人の学習者が弾圧され、数億人に上る学習者の家族や親戚が巻き添えになり、数十万の学習者が労働教養所、刑務所に投獄され、数百万の家族が離散した。

 中共の情報封鎖によって、迫害の全容とその深刻さは完全に把握できないが、私たちが知りえるわずかな情報から、迫害の邪悪さと深刻さが垣間見える。

 2008年3月までに、身元が確認され、迫害の状況も判明した死亡者は3145人にも上った。しかし、これは氷山の一角に過ぎない。政府内部の情報によると、死亡者は1万人を超えているという。さらに、数多くの法輪功学習者は生きたままで、臓器を摘出され、売買されている。現在でも、中共はこの人類史上に類を見ない蛮行を続けている。

 中共が本当に被災者を助けたい時に、なぜ罪のない人への迫害に巨額の財力と人力を惜しまず投入していうるのか。この迫害はいつまで続くのか。

 中共は、国民が天災に苦しんでいる時、効果的な救助活動を展開できないだけでなく、全ての人災の源になっている。中国の言い伝えに、天人合一(人の言行が正しければ、天の意志と合致する)、天人感応(天と人が感応する)というものがある。中国古代の王たちは、天災が現れたとき、自らの行動を懺悔して「罪己詔」を下した。現在、中国は天災に見舞われ、国民の不満が高まっているにもかかわらず、中共は自らを反省し、責任を負う姿勢をまったく見せていない。それどころか、中共は相変わらず罪を隠し、神と人間を激怒させている。罪が災難をもたらすのであれば、中共はこれからも中国人に多大な災難をもたらすに違いない。

 災厄の根源・中共から中国を救う

 2008年は特別な一年である。年初から現在まで、災難が相継いで発生した。いかにして次の災難を回避するかは、皆が考えるべきことだ。

 言うまでもなく、責任感のない中共は、国民のためにこのようなことを考えるはずもない。中共は自分の権力と利益しか考えてないからだ。災難がやってくる時、自称「母親」である中共が救ってくれると期待してはいけない。本当に有効なのは、自らを救うことである。

 大震災の発生後36時間以内に、120人と60台の掘削機からなる民間救助隊が被災地に駆けつけ、大規模な救助活動を展開し、その効率的な活動と速度は政府組織をはるかに超えていた。このことから、中国の国民は能力と智慧を持っていることが分かる。中共の腐敗と残酷な統治がなければ、中国人は今まで以上に良く行うことができるだろう。中共の政治体制がなければ、首相の温家宝はこれほどの無念さを味わうこともなく、被災者もこれほど深刻な被害に遭わずに済んだはずである。

 中共は自らが犯した罪で、解体される運命となった。中共の存在自体は、終わりのない災難を意味する。

 死者のために哀れむ一方、助かった人たちのことも忘れてはならない。中共から脱退し、人間味のある、民を愛する社会を作ってこそはじめて、更なる災難から免れることができる。これは全ての中国人にとって有益なことだ。

 従って、厳しい環境の中で、正義のために立ち上がり、真相を伝え、中共からの脱退を推進してきた人々に感謝したいと思う。

 国民を騙すために、中共は各種のデマを作ってきた。真相が分かり、中共を脱退した人々は、これからも多くの人に脱退を勧めるに違い。私たちは、多くの人々が中共の本質を知り、中共から脱退することを期待する。天は中共を滅ぼし、中華民族を助けると確信している。中共から脱退した人には、素晴らしい未来が待っている。

 被災に遭った人々を救助するのと同時に、人々の心も助けなければならない。中共が撒き散らす「毒素」を人々の心から根絶することが、災難から免れる唯一の方法なのだ。

 
(翻訳/編集:高遠)


関連キーワード

関連特集

^