印刷版   

韓国政府への海外ハッカー攻撃、最多は中国から

 【大紀元日本10月10日】韓国の中央行政部門が海外からのハッカー攻撃(※)を頻繁に受けていることが明らかになった。1日平均807回に達しており、その22・2%は中国からの発信であることが判明している。

 韓国の行政安全部が6日、国会行政安全委員会に提出した資料によると、昨年度の海外ハッカーによる韓国中央行政部門への攻撃総数は29万4578回で、1日平均807件という高い数字が示された。また、その国別の分布も算出しており、中国22・2%(6万5458回)、米国8・5%(2万4918回)、ロシア2・4%(7087回)、ドイツ1・3%(3783回)となっている。

 中でも最多の標的となったのは知識経済部で、年間7万4187回攻撃されており、中央行政部門全体への攻撃総数の25・2%を占める。文化体育観光部は年間2万6044回攻撃されており、総数の8・8%、行政安全部は2万2541回の攻撃で、総数の7・7%にあたる。

 国会行政安全委員会はハッカー攻撃に対して、国外諸国と手を組んで対策に取り組むべきだと強調した。

(※)ハッカー攻撃とは、インターネットなどを通してコンピューターに侵入し、ウイルス感染、データの改ざん、パスワード奪取、サービス停止、など各種の基幹システムに障害をもたらす行為。主に国防省などの政府関係のサイトが攻撃を受け、接続障害、機密情報の流出などが発生する恐れがある。

(翻訳編集・楊J)

 (09/10/10 05:00)  





■関連文章
  • 韓国科学技術の漏えい事件が増加、大部分が中国に流出(09/10/07)
  • 韓国で中国人集団暴力事件 中国大使館が関与か(09/09/16)
  • ハッカー、豪首相のホームページを攻撃 ネットフィルタリング案に抗議 (09/09/15)
  • 新型インフル感染拡大、韓国政府、対策を急ぐ(09/09/04)
  • 関西在住法輪功学習者、韓国政府の難民申請者強制送還に抗議(09/09/01)
  • 北朝鮮の弔問団 金大中元大統領へ哀悼の意示す (09/08/22)
  • メルボルン国際映画祭、ハッカーが攻撃(09/07/29)
  • 韓国キリスト教団体記者会見、法輪功学習者の強制送還に反対(09/07/28)
  • 東京・南麻布:韓国在住の中国籍法輪功学習者強制送還に抗議(09/07/13)
  • 9・11事件で活躍した救助犬、韓国でクローン化(09/06/18)
  • 韓国「江陵端午祭」から、中国伝統文化の復興を願う(09/06/03)
  • 韓国前大統領、山で飛び降り自殺(09/05/23)
  • 韓国:新型インフルエンザ、ヒト間感染か(09/05/01)
  • 北朝鮮、米国籍女性記者を裁判に(09/04/24)
  • 韓国:中国産濃縮スープから喘息治療剤検出、回収困難(09/04/20)