印刷版   

タイの空港で摘発された北朝鮮発の輸送機。大量の武器が積載されていた。(AFP)

中国領空通過 北朝鮮発の武器密輸輸送機、タイで摘発

 【大紀元日本12月22日】北朝鮮ピョンヤン発の輸送機が、武器を大量に積載しているとして、タイの空港で給油する際に摘発された。飛行ルートの3分の2は中国の領空であることから、北京当局が北朝鮮の違法な武器輸出に協力しているとの疑惑が強まった。

 ワシントン・タイムズ紙17日の報道によると、摘発されたのはロシア製のIlyushin-76輸送機で、35トンの武器を積載していたとして、12月中旬にタイの軍事用空港で摘発された。

 タイの政府関係者によると、発見された武器のうち、一部はミサイル「テポドン-2」の組み立て部品とみられる。現時点において輸送先はまだ判明していないが、専門家はイランである可能性が高いと指摘する。

 北朝鮮の武器開発の調査を担当する米国議会のアジア問題専門家ラリー・ニックス氏は、「同輸送機の飛行ルートの3分の2は中国の領空である。本件における中国当局の役割に強い疑問を感じる」と述べた。

 匿名でワシントン・タイムズ紙の取材に応じた米政府官員の話によると、オバマ政権は7月ごろ、北朝鮮が中国の領空を利用して武器販売を行っている件について、北京当局に強い懸念を示した。しかし、中国から実質的な回答は得られなかった。

 駐米中国大使館スポークスマン王宝東氏は16日、「中国は国連の決議を忠実に実施している」、「北朝鮮の輸送機が国連の決議に反したかどうか、国連安全保障理事会が判断すべきである」と声明した。

 CSIS(戦略・国際研究センター)の上級顧問ビクトル・チャ氏は、「北朝鮮問題において中国は、北朝鮮が核問題の会談に戻る程度の圧力を掛けているが、北朝鮮を潰すまではしたくない」と話す。

 タイ政府関係者によると、摘発された輸送機についていくつかの疑問が残されている。まず、なぜ輸送機は中国で給油しなかったのか。次に、北京当局は、米国が追跡していることに気付いていたのか。

 また、なぜ、武器を大量積載する輸送機がタイの軍事用空港を選んで給油したのか、と軍事専門家は疑問を呈する。米国とタイは緊密な軍事協力関係にあり、同軍事空港は米国情報収集の拠点である。35トンもの武器を積載しながらここに着陸することは非常に冒険的な行為であるからだ。

 乗組員はカザフスタン人4人とベラルーシのパスポートを所持する男性1人。警察の質問に対して回答を拒否しているが、記者会見では目的地はアラブ連合共和国と説明した。

 かつて、海上経由での北朝鮮からイランへの武器密輸では、アラブ連合共和国は中継点であったため、専門家は今回の武器密輸の目的地はイランである可能性が高いと指摘する。

 一方、ロイター通信は、テポドン2号は北朝鮮とイランが共同開発したミサイルと報じた。

 いずれにせよ、最も肝心の問題は、この輸送機の目的地はどこで、武器の買主はだれかということだ。

(翻訳編集・叶子)


 (09/12/22 07:53)  





■関連文章
  • 北朝鮮、外国人入国を突然禁止 情勢混乱説も(09/12/18)
  • 職場の男性たちにアドバイス、良い印象を与える服装のコツ(09/12/12)
  • 銀河系の美しい夜空=イラン撮影技師が撮影(09/12/11)
  • 北朝鮮、デノミ実施で住民が大混乱(09/12/04)
  • 北朝鮮、中国人を拉致 沈黙する中国当局(09/11/26)
  • 『タイタニック』の5倍 世界最大の豪華客船=米国フロリダ州(09/11/22)
  • 北朝鮮外交官、他殺体で発見=中国瀋陽(09/11/15)
  • 北朝鮮は新型インフル感染者ゼロ?(09/11/07)
  • 中国、イランとの友好関係強調 国連制裁が難航に(09/10/22)
  • 北朝鮮ミサイル発射、困惑する韓国(09/10/15)
  • 北朝鮮、米国けん制のための中共の道具=韓国専門家(09/10/07)
  • タリバン、中国製武器を使用(09/10/03)
  • 挫折に直面したとき、あなたはどのタイプの人?(09/09/30)
  • あなたは男性が夢見るどのタイプの女性ですか?(09/09/25)
  • 米のタイヤ上乗せ関税 北京当局、強硬措置で対抗(09/09/21)