THE EPOCH TIMES

香港で天安門事件追悼 当局、「虐殺レリーフ」強制押収 民主活動家ら一時逮捕

2010年05月30日 09時31分
 【大紀元日本5月30日】香港当局は29日、「六・四天安門事件」21周年を追悼するための展示用の大型の「天安門虐殺レリーフ」や「民主の女神像」などを強制押収し、民主活動家13人の身柄を一時拘束した。

 「香港市民支持愛国民主運動聨合会」(略称・支聨会)が主催する関連の展覧会はこの日、銅鑼湾(トンローワン、コーズウェイベイ)タイムズ・スクエアで開かれた。同日朝、香港食品衛生署は許可を申請しなかったとの理由で、展示品を強制押収して、メンバーの13人も警察当局に一時身柄を拘束された。

 13人は4時間後に保釈されたが、展示品は返されなかった。今年の「六・四天安門事件」の追悼儀式に展示できないかもしれないと、関係者は憂慮している。

 支聨会は毎年のこのシーズンに「六・四天安門事件」に関する追悼儀式を行ってきた。今回のような取締りは初めてだという。「中国当局が政治圧力をかけているのでは」と懸念されている。

 押収された展示品は、高さ6.4メートルの強化プラスチック製の「民主の女神像」と、天安門事件の弾圧現場を再現した「天安門虐殺レリーフ」(長さ6.4メートル、高さ2.3メートル)。ニュージーランド在住の華人彫刻家が制作したもので、民主の女神像は「民主運動の火は不滅、薪の火を絶やさない」を
押収される「民主の女神像」(大紀元)

象徴するという。

 この二つの作品は5月初め、香港に運送される際に税関でも一時差し押さえられていた。

 支聨会のメンバーによると、展覧会の開催について、事前に警察当局とタイムズ・スクエア管理事務所に連絡したという。

 21年目となる今年は、5月30日にデモを行い、6月4日夜にはローソクの追悼式典を行う予定。

(記者・林怡、翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^