米ハーバード大学で駐米中国大使講演中…「恥を知れ」「臓器狩りやめろ」抗議者さけぶ

中国の謝鋒駐米大使が20日、米ハーバード大学ケネディスクールで講演中、複数の学生活動家による抗議が起こり、演説は何度も中断された。抗議者は中国共産党によるチベット、新疆ウイグル自治区、香港での高圧的な政策を非難し、非合法な臓器狩りを糾弾した。
今日
トップニュース
地域別トピック

「温故知新」 刻舟求剣からの教え

刻舟求剣(舟に刻んで剣を求む)という物語は、『呂氏春秋』に出てくる寓話ですが、その内容は、以下のようなものです。

新型コロナウイルス感染後のリスク:脳障害の持続性に注目

新型コロナウイルスは肺や呼吸器にだけでなく、心臓、腸、神経系(大脳を含む)にも重篤な損傷を与える可能性があります。英国のある研究によれば、新型コロナウイルス(COVID-19)による脳損傷は、感染後数か月も残存する可能性があります。

中国専門家が致死率100%のウイルスを開発 一体何が起こっているのか?

中国の軍関連研究チームが今月初、マウスに対して100%の致死率を持ち、人間に感染する可能性がある新型コロナウイルスを開発したとする論文を発表し、国際的に波紋を呼んでいます。研究チームはその後、論文を修正し、「致死」などの言葉を削除しました。

日本の医療者が語る、毎日の小さな習慣が健康長寿の秘訣

健康で長寿を手に入れる方法は常に人々の関心事です。日本内科学会が認定した総合内科専門家の秋津寿男氏は、小さな習慣が人々の未来に影響を与えると考えており、そのために日常生活の習慣に注意を払うことで、より健康で長生きの老後を実現できると述べています。

健康生活の鍵は朝食のタイミングにあり?2型糖尿病との関係を解明

現代の都市生活では、仕事が忙しく、夜更かしで寝る時間が遅くなりがちで、夕食も遅く食べることがよくあります。そして、朝食をとる時間がない人も多いです。しかし、最近の研究では、朝食の摂取や摂取する時間が体の健康に密接に関連していることがわかっています。朝食を遅く食べる人は、2型糖尿病にかかりやすく、夕食を遅く食べる人は中風しやすいという結果が出ています。
ライフスタイル