<独占>「中国株式市場から離れよ」元上海証券アナリストが助言

中国の株式市場は約5年ぶりの安値まで下落し、株主は悲嘆に暮れ、若いファンド会社のオーナーが自殺したとの情報も広がっている。中国共産党は国有ファンドに介入させ、一時的に株価を回復させたが、いつまでもつのか。大紀元姉妹メディアの新唐人テレビは、元上海証券のシニア・アナリストである張盛利氏を米ロサンゼルスで独占取材した。「中国の株式市場は、用意周到な詐欺だ」と警告する。
NEW
トップニュース
注目の話題
地域別トピック

朝コーヒーよりリフレッシュ効果の高い飲み物は?

現代人の生活の中で、コーヒーやお茶はすでに欠かせないものとなっています。特に仕事中に傍にあると、幸せな気分とともに作業もはかどります。

漢字の神秘(6):家

家という意味を表す「宀」と、豚を表す「豕」で、古代中国における「家」を容易に想像できるでしょう。

西方極楽世界遊記 (上)【未解決ミステリー】

1967年旧暦10月25日、福建省の麦斜岩寺の住職・寬淨法師は突如姿を消しました。最終的に救助隊まで出動しましたが、その姿はどこにもありませんでした。法師の行方が謎めいたまま、6、7年過ぎ、ある日、何の前触れもなく、法師は再び姿を現したのです。では、この期間中、寬淨法師はいったいどこに居たのでしょうか?

高市大臣が語る日本の核融合戦略

これが成功すれば、1840年以降の石油をもとにした第二次産業革命に続く第三次産業革命となり、世界の仕組みを変えるような変革をもたらすと言われている。 核融合の場合、ウラン、プルトニウムも必要ない。ゆえに放射能も出ない。海の中に無尽蔵にある重水素と三重水素が材料という。
ライフスタイル