睡眠不足は老化と物忘れを招く!  専門家が教える睡眠の質を高める7つのコツ(3)

高齢者の生体時計は柔軟性がなく、一度習慣が崩れると眠りにくくなります。生体時計はメラトニンの分泌と関連しています。研究によると、太陽の光を浴びることで松果体から分泌されるメラトニンが早く出て、朝夜にメラトニンが分泌されるようになります。このホルモンは睡眠を助けます。日中は太陽の光を浴びることや、暗い場所を離れて明るい場所で活動することをお勧めします。
2023/12/15 Amber Yang, JoJo Novaes

走るときは鼻で呼吸しますか、それとも口で呼吸しますか。専門家が疑問を解く

走るときに鼻と口どちらから呼吸しますか? 一部の専門家は、ランニングなどの激しい運動をするときは、鼻で呼吸したほうが運動が楽になるのではないかと主張しています。

40歳を過ぎたら、脳の老化を加速させる9つのことに気をつけよう

私たちの多くは日常生活の中で物忘れを経験しますが、年齢を重ねるにつれて、アルツハイマー病(認知症)ではないかと思わざるを得ない人もいます。 健忘は必ずしも認知症ではありませんが、脳が老化していることを教えてくれます。物忘れは誰にでも起こりうることですが、日常生活や仕事に支障をきたすほど頻繁に起こるのであれば、注意が必要です。

運動はうつ病と不安を治すことができますか? 研究:薬物より効果的

世界保健機関(WHO)の統計によると、世界の8人に1人が精神疾患を患っています。人々は一般的に抗うつ薬でこれらの病気を治療していますが、運動は各種のうつ病、不安、ストレス症状を治療する有効な方法であることが分かりました。
2023/06/12 Dustin Luchmee

運動と一緒にコーヒーを飲んで痩せよう  脂肪を早く燃やす時間帯

コーヒーの摂取は、目覚めや爽快感に加え、有酸素運動時の脂肪燃焼の増加につながり、体脂肪の減少やパフォーマンスの向上が期待できます。また、午後の運動前のタイミングでカフェインを摂取すると、体内の最大脂肪酸化量が30%増加するという研究結果も出ています。
2023/05/20 Audrey Lee, Nathan Amery

世界各地30名の100歳以上 その秘訣(1/2)

長寿の秘訣について、世界中から100人の百歳以上の人を取り上げた記事があります。英ガーディアン紙がその中から30人の経験や哲学を紹介しています。

健康に害を及ぼす可能性のある運動(3)

健康でも基礎的な心血管疾患を抱える人が多く、激しい運動はリスクが高いのです。急激な運動をすると心臓発作のリスクが高くなります。運動プログラムを始める人はウォーキングから始めることが勧められます。
2023/04/22 李路明

健康に害を及ぼす可能性のある運動(2)

運動の時間と強度には、人々の健康を左右する「ポイント」があります。 研究のレビューによると、40~60分以上の激しい運動を継続的に行うことは不要であるとされています。 「転換点」を過ぎると、心臓にダメージが出始め、それだけでなく、代謝にも問題が出てきます。
2023/04/18 李路明

健康に害を及ぼす可能性のある運動(1)

100万人以上の女性を対象とした別の研究では、毎日激しく運動する女性は、週に2~3回しか運動しない女性に比べて、冠動脈性心疾患、脳血管疾患、静脈血栓塞栓症のリスクが高いことがわかりました。
2023/04/17 李路明

研究:毎日20分間の運動で入院リスク低減

新たな大規模研究によれば、40歳以上の人にとって、毎日適切な運動を続けることは、全身の健康に良いだけでなく、さまざまな健康状態による入院の可能性も大幅に減らすことができます。

食事制限なし!?二年間で20kg減量! 医師が作った1・3・3食の低糖質プレート(3)

ケトジェニック・ダイエットでは、でんぷんの総摂取量は1日50g以下、野菜の摂取量は少なく、肉や脂肪の摂取量が多いので、多くの食品を諦めなければなりません。 133食ダイエットは、16:8ファスティングやケトジェニックダイエットに比べ、よりバランスの取れたダイエット法です。 栄養学的な定義では、低糖質食とは1日130g未満のでんぷんを使用した食事と定義され、133食では1日90~120gの総でんぷんを摂取し、基礎代謝や筋肉の成長に必要なカロリーの一部を野菜で摂取します。 さらに、タンパク質の摂取量も十分なものです。

記憶力低下は年齢と関係ない! 記憶力を維持する4つの方法とは(2)

反対に脳をあまり使わない生活習慣は、脳の健康を脅かすことになります。 米国のアルバート・アインシュタイン医科大学の研究者の曾喬安氏は、「脳を退化させる最悪の習慣の1つはテレビを見ることです」と述べています。 脳の神経細胞は灰白質に存在していますが、昨年3つの大規模な研究により、中年期にテレビを見る時間が長いほど、将来的に脳の灰白質が小さくなることが示されました。
2023/01/05 蘇冠米

記憶力低下は年齢と関係ない! 記憶力を維持する4つの方法とは(1)

まだまだ人の脳は謎に包まれています。しかし一つだけ確かなことは、この複雑な器官は年を取ったからといって必ず衰えるということではありません。脳はいつでも変わろうと思えば変えることができ、柔軟な形にする方法もあります。
2022/12/30 蘇冠米

超簡単な睡眠導入法!これを寝る前1分行えば朝までぐっすり

どんなに疲れていても、しっかり睡眠をとることができれば、翌朝はすっきりとした気持ちで過ごすことができます。 快適なクオリティ・オブ・ライフを追求する上で、睡眠は非常に重要な役割を担っています。 短時間で体の疲れを回復できるのは、良質な睡眠なのです。

1人で悩まないで、仲間と体を動かそう 幸福感を上げるには運動が一番です

運動は、活動的で健康的な生活を維持し、ストレスや緊張を和らげるなど、人の心身の健康全般に良い影響を与えます。多くのプロスポーツ選手は、心身の健康を維持することで成功したとさえ言われています。 思春期の男の子がメンタルヘルスを向上させたいと考えているならば、毎日の生活に運動を取り入れることを検討してみてください。

体内を解毒するために「爽やかな汗を流しましょう」(2)

体内の毒素を発汗で排出するにはどのような方法があるのだろうか。ほとんどの運動やスポーツで汗をかくことができるが、運動が苦手な人はどうすればよいだろう
2022/03/20

体内を解毒するために「爽やかな汗を流しましょう」(1)

ヒトは体内にたまった老廃物や有毒物を発汗や排せつによって体外に排出する解毒機能を持っている。そのうち発汗は体内にたまった殺虫剤や重金属などの毒素を排出する上で、発汗は、排尿よりも効果的な機能だという
2022/03/19

皮膚から考える全身の健康「美容から、がん予防まで」

皮膚に現れたいくつかの小さな変化は、体内の大きな病気を反映している場合があります。この異変に早く気づかないと、あとで重篤な症状が現れた時には遅すぎるということにもなりかねません
2022/03/18

冬季うつ病を防ぐ4つの方法「屋外で運動しましょう」

冬季は日照時間が短いこともあり、誰でも気分が落ち込みやすくなります。これは、ある意味で体の正常な反応なのですが、あまりに気分が晴れなくて、体も動かせなくなると「冬季うつ病」と呼ばれる病的な状態になります。
2022/02/04

「やはり起きていた」コロナ禍のなか糖尿病16%増加

コロナ禍中の2年間で、全世界の糖尿病患者数が16%増加したと言います。現在、オミクロン株によると思われる感染の第6波が猛威をふるっていますが、許容される方法によって体を動かすことは、私たちの健康維持に必要なことです。
2022/01/19

自己回復のための正しい睡眠、快眠のための7つのコツ

メラトニンは、睡眠中に脳の松果体から分泌される重要なホルモンで、昼夜のリズムを整え睡眠を促すだけでなく、免疫力の強化、ガン予防、老化防止、ストレスや感情の緩和など、人間の健康にさまざまな重要な影響をを及ぼす
2021/12/30