印刷版   

踊り続けたチアガールたち。ネットブログでは「3時間近く踊り続けた白いスカートを入っているチアガールたちは、本当に大変だ。これ以上は見ていられない」

五輪開幕式:蒸し風呂の「鳥の巣」、570人熱中症

 【大紀元日本8月9日】4時間に及んだ8日の五輪開幕式で、気温と湿度が高く、それに加えて大勢の観客が一箇所に集中し、目が回るほどの光と会場でのざわめきで570人が熱中症にかかった。その内の20数人が緊急救命のために病院へ運ばれた。

 中国国家体育場医療チーム部長の彭明強さんは、「気温と湿度が高く、それに開幕式に掛かる時間も長かったため、570人余の患者が現れた。主に熱中症で、発熱や外傷を負った者もいる。患者の中に、一部の観客のほかに、出演者、ボランティアおよびスタッフも含まれている。重症になった20数人は病院へ運ばれたが、命に別状はない」と語った。

 彭氏によると、今回は北京市から400人余の医療人員を手配したという。

 今回はセキュリティのために、観客は飲み物、食べ物およびバッグの持ち込みが禁止された上、開幕式の終了前に席を離れてはならないとされた。問題を起こさないように多くの人は手ぶらで来ている。結局は、一部体の弱い者、高齢者およびボランティア、出演者たちが酷暑に耐え切れなかった。

 一方、テレビの前で観賞する大陸観客はこれについて、「全員がうちわを扇いでいた。鳥の巣は欠陥商品だ。酷暑の中で、スーツ姿の各国要人も暑さで惨めだった。多くの人が汗を拭いたりして、苛立っている様子だった。何故最初から温度を調整できるようにしなかったのか」と話した。また、「テレビの映像に出てきた外国選手たちは、多くの選手は汗だらけで暑くないはずはない」と語った。

 観客の中には、「建築設計に問題があるのだ。何故鳥の巣と呼ぶのか。通気性をもっとよくすべきで、もっと人間のことを考えるべきだ」と不満をもらした人もいるという。

 
(記者・馮長楽、翻訳/編集・余靜)


 (08/08/09 22:12)  





■関連文章
  • 北京五輪開会式中、北京首都空港は5時間閉鎖(08/08/09)
  • 北京五輪:観光名所で米国人旅行者が襲われる、1人死亡・2人重症(08/08/09)
  • 8・8 都内で北京五輪反対集会(08/08/09)
  • 北京五輪開幕、世界各地で抗議活動(08/08/09)
  • トルキスタン・イスラム党の録画映像、北京五輪襲撃などを予告(08/08/08)
  • 「北京2008 我々の悪夢」=米牧師、北京ホテルの壁にペンキで抗議(08/08/08)
  • 五輪開催前、バス爆発事件連続発生=北京(08/08/08)
  • 「鳥の巣」での開幕式、雨の中で進行か(08/08/08)
  • 開催10時間カウントダン、緊張高まる北京=写真報道(08/08/08)
  • 国境なき記者団は今夜、世界9都市の中国大使館前で同時集会(08/08/08)
  • 五輪直前の北京街頭の様子(08/08/08)
  • カナダ選手団約半数、五輪開幕式に不参加(08/08/08)
  • 北京市のタクシー全車両、盗聴装置を装着か(08/08/08)
  • 五輪参加選手40数人、中国当局に連名嘆願書提出か(08/08/07)
  • 北京五輪開催前日、中国の人権弾圧を批判=ブッシュ大統領(08/08/07)