印刷版   

青島市の手足口病患者は昨年同期の5倍増。写真は病院で検査を受ける2歳児の患者(Getty Images)

中国青島市、手足口病急増、昨年の5倍にも

 【大紀元日本7月31日】中国山東省青島市は7月24日、同市の手足口病の現況報告を発表した。発表によると、今年1月1日から7月20日まで、青島市では合計10,743件の感染例が確認され、昨年同期比(1,783感染例)の5倍増となったことが分かった。現時点で10,071人が回復したという。また、農村地区および農村と都市部を繋ぐ地区が主な発生地区で、患者は5歳未満の児童が89・02%を占めている。

 青島市地元メディアによると、7月20日までに山東省全省では97,933件の手足口病の感染例が報告されており、その中で患者数の最も多い都市は、順に聊城、渮澤、莱蕪、日照、青島の5都市で、手足口病に感染して死亡した症例は同省内で合計44人。青島市では死亡症例は出ていないという。

 報告によると、今年、青島市で発生した手足口病はEV71型ウイルスが90・55%を占めており、このウイルスは2007年および2008年のものと異なり、感染力が強く、発病が早く持続期間が長いこと、重症に発展することが特徴であると示した。また、手足口病に対する免疫が十分でないため、今年は感染発病が多く、重症患者も増えたという。実際、青島市では昨年の重症患者は1人だったのに対して、今年はすでに380人に達している。

 青島市衛生局関係者によると、手足口病の発生は例年5~7月がピークだが、現時点の状況からすると、今年はピーク時期が延びる可能性があるという。

 報告では、手足口病の予防は特に託児所が重要だとしており、青島市当局は各託児所に対して、新型H1N1型インフルエンザまたは手足口病の感染例が出た場合、直ちに閉所し、午前と午後の検査、追跡検査を行い、消毒などの措置を取るように指導した。手足口病に対しては具体的に例を挙げ、例えば、託児所の中で1つのクラスから手足口病の感染が1人でも出た場合、そのクラスを2週間閉鎖する。また、同じ託児所の異なるクラスから2人の手足口病の感染が出た場合、同託児所を閉所するよう指導した。

(翻訳編集・余靜)

 (09/07/31 00:10)  





■関連文章
  • 香港:新型インフル、新たに12人感染(09/06/13)
  • WHO:新型インフル、世界大流行宣言(09/06/12)
  • 「未知のウィルス」=エイズに似た怪病、中国で急速に拡散か(09/06/07)
  • 一万人以上が手足口病に感染=広東省(09/05/18)
  • 河南省と山東省で手足口病が流行、死者61人に(09/05/08)
  • 新型インフル:米政府関係者メキシコで感染(09/05/02)
  • ロシアで急死の中国人女性、本当の死因は何か(09/04/17)
  • 手足口病死者50人、当局の公表情報に矛盾(09/04/13)
  • 中国の手足口病感染、一部地区封鎖か(09/03/30)
  • 手足口病感染急増、男児1人死亡=中国安徽省(09/01/25)
  • 手足口病流行で乳児3人が死亡=福建省(08/10/23)
  • 中国青島:軍用飛行場が襲撃される(08/08/23)
  • 河北省唐山市、手足口病が蔓延(08/07/29)
  • 北京五輪ヨットレース、会場地の緑藻被害が拡大(08/07/14)
  • 中国の手足口病感染者2・5万人、死者34人(08/05/11)