THE EPOCH TIMES
インタビュー

共産党の終焉は遠くない 中国社会で兆し=新華社元ベテラン記者が語る(1)

2017年04月30日 17時00分

 法輪功とは何か。どうして今もなお、中国共産党政権から残酷な迫害を受けているのか。中国でも最大数の被害者たちによる平和的な抵抗運動は、中国社会全体にとってどんな意味を持つのか。民主国家の日本は、どのように中国と付き合っていくべきなのか。

 これらの疑問に、記者歴40年のジャーナリスト・呉葆璋氏が、「四・二五」法輪功平和請願事件11周年にあたり、法輪功問題と中国社会のこれからの流れについて、大紀元の取材に応じて、日本人読者と中国報道を扱うメディア関係者に語った。

 呉氏はかつて中国政府報道機関「新華社」で28年間勤務し、フランス国際放送局中国語放送部の責任者を務めた。中国国内と海外で、ジャーナリストとして中国を長年観察しての発言である。


記者歴40年のベテラン「法輪功問題は中国の政治問題の核心」

 私は新聞記者として40年以上も活動してきた。中国の新華社で28年、フランス国際放送局で13年。2003年に定年退職した。1999年4月25日に発生した法輪功請願事件の後、私は新聞記者として法輪功に注目し始めた。それ自体に注目するより、中国社会の大きな背景の下に起きたこの問題を見ていた。

 長年観察してきた結果、法輪功問題は、中国のすべての政治問題の核心であるという結論にたどり着いた。

 なぜこの結論に達したのか。私はこれまで、70年以上の人生経験の中で、共産党政権60年の間に起こった数多くの運動をすべて自ら体験してきた。中国共産党政権については熟知していると自負する。中共政権の数多くの政治運動の目的は、ほかでもなく「政権維持」の一言に尽きる。

共産党の「政権維持」で弾圧、迫害

 これらの政治運動は、悲惨な結果を招いた。弾圧、迫害、人間改造。すべての政治運動で共産党の目的は達成された。共産党に不満を持つ人や反対意見を言った人たちは、弾圧され、迫害され、共産党に改造され、共産党を賛美する側に転向した。

 しかし、法輪功の学習者だけは唯一の例外だった。ほかの被害者グループとは違い、法輪功の共産党政権に対する抗争は徹底していた。一貫して屈しない。逆に中共に立ち向かい、その虚言と暴力の本質を、平和的な手段を通じてあばいていく。そのような被害者グループは、中共60年の暴力的な圧制政権下では、全く初めてだった。

 中共が暴力的な弾圧を行う中、法輪功は中国近代史において、多くの「初めて」の歴史を生み出した。法輪功学習者が海外で設立したメディアグループは、中共政権の被害者グループとして初めてである。彼らのメディアは、中共の暴力と邪悪を暴露した。人々を目覚めさせ、中国内での民衆による共産党離脱運動を推進させた。

 また、海外で国際司法手段を駆使し、江沢民前国家主席など法輪功迫害に加担する共産党リーダーらに対する訴訟を起こし、国際司法界の支持を得ている。これも共産党政権が国民を迫害する歴史の中で初めてのことである。

 それだけではない。被害者でありながら、文化の領域でも「神韻芸術団(公式サイト日本語)」を創立して、中国伝統文化を復興させようと努めている。彼らが演出する「神韻」は、私にとっては、すでに中国舞台芸術の頂点に達している。

2017年1月、米ニューヨークのリンカーンセンターで開かれた神韻国際芸術団の公演。追加公演されるほど大人気に(戴兵/大紀元)

共産党の終焉は遠くない 中国社会で兆し

関連キーワード

関連特集

^