新研究:ハチミツが流感ウイルスを抑制する

ハチミツに強い殺菌力があることは、以前から知られていました。近年の研究では、インフルエンザウイルスに対しても、その活性を抑制する強力な効果があることが明らかになっています。
2022/02/22

董宇紅博士が語る「風邪から得られる免疫力」

欧州のウイルス学専門家でバイオテクノロジー企業の首席研究者である董宇紅博士が、季節性インフルエンザに感染することによって得られた抗体が、中共ウイルス(新型コロナウイルス)の感染を抑制する可能性について、以下のように語りま
2022/02/21

今日から実践できる「免疫力を高める7つの秘訣」

漢方医学において、「肺」のエネルギーが強ければ、呼吸器系が侵される病気を予防できるという。また有酸素運動を行い、腹式呼吸の練習をすると、私たちの肺のエネルギーを高めることもできる。
2022/02/19

アーシングという健康法「はだしで土を踏む喜び」

裸足になって自然の土や海辺の砂浜を歩くと、なぜ私たちは心地良く感じるのでしょうか。それは その時あなたの体が、「地球に触れる」ことや「大地に接する」ことの喜びを実感しているからです。
2022/02/15

あなたの免疫力を高める「9種のハーブをお試しください」

人体がもつ免疫システムは複雑かつ多様で、しかも本当に不思議です。私たちの体がもつ免疫系を保護し、その機能を高めるはたらきのある、9種類のハーブや食材をご紹介します。
2022/02/08

「熱いココアを一杯どうぞ」風邪の予防にも役立ちます

まだまだ寒い季節。ふと「温かいココアが飲みたいなあ」と思いませんか。日本のある研究によると、「1日1杯のホットココアが、インフルエンザを予防し、健康維持に役立つ可能性がある」と言います。
2022/02/04

知っておきたいインフルエンザの人体への影響

インフルエンザの流行は10月から5月まで続き、毎年数百万人のアメリカ人が罹患しています。インフルエンザウイルスは呼吸器系を攻撃し、頭痛、咽頭痛、発熱、悪寒、嘔吐、空咳、筋肉痛などの症状が現れます。
2022/01/31

「白血病という病」に向き合うために

「白血病」という病気があります。 半世紀前であれば、この病名には、当時の医療で完治がかなう希望的な響きはなく、むしろ「不治の病」として、小説や映画における主人公の「残された人生の時間」が描かれる題材にもされていました
2022/01/30

「冷えた体をポカポカに」冬に役立つショウガの効能

ゆるやかに体を温めるショウガの効能は、慢性的な風邪症状や、寒い季節に起きやすい体の痛みなどの緩和や治療に役立ちます。
2022/01/23

「気がつかない14の恐怖」ビタミンD欠乏症を予防するために

必須栄養素の一つであるビタミンDは、カルシウムの吸収促進や骨の形成に重要な役割を担うもので、人体に不可欠な物質です。ビタミンDは、ウイルスや細菌の感染症に対抗する免疫力の維持にも大きく関わっています。
2022/01/06

「ビタミンD欠乏はコロナ感染を招く」その対策を紹介します

研究によると、新型コロナウイルスの流行期間中、体内に「ビタミンDが不足している人」は感染しやすいことが分かりました。しかし、現代人の多くはビタミンD不足の問題があります。どのように有効に補充したら良いでしょうか。
2021/11/26

タマネギ効果で「3高」を下げる がん予防にも期待

タマネギは、洋の東西を問わず、欠かせない食材です。台湾の栄養士・夏子雯さんによると、タマネギは抗酸化の栄養素が豊富な野菜であり、免疫力の向上、心臓血管の保護、がん予防などの利点があるとのこと。オニオンスープにすると体を温めて、かぜ症状の緩和に役立ちます。また自分で作れる「酢タマネギ」は、高血圧、高血糖、高脂肪の「3高」リスクを下げる効果があります。
2021/06/01

ちびまる子ちゃんやドラえもんにみる 家庭教育という社会資本

新型コロナウイルス感染が世界規模に拡大している。今のところ、日本は他国に比べると感染を抑制することに成功している。(もちろん、今後どう推移するかは全く分からないので、引き続き厳重な警戒が必要である。)
2020/03/27

中国専門家「新型ウイルスは人類と長期共存」 ネット上で防疫失敗の指摘

中国の専門家は19日、国営中央テレビ放送(CCTV)の番組に出演した際、新型コロナウイルスについて、「インフルエンザのように、長期にわたって人類と共存するだろう」と発言し、波紋を呼んだ。
2020/02/20

まもなくインフルエンザの季節 アロマテラピーで予防

風邪は万病の元と言われるように、油断大敵です。肺炎にもなりかねません。ぜひ、酷くならない前の予防が大切です。
2019/10/29

風寒型のかぜに「ニンニク」パワー

病気の回復には、三割が治療、七割が養生に頼ると言われています。ニンニクに含まれるアリシンやアホエンという成分は滋養強壮や疲労回復の作用があり、ウイルスに対する殺菌力と免疫力をアップさせるパワーがあります。かぜやインフルエンザが流行するこの時期、ニンニクを食卓に取り入れてみませんか?
2017/01/16

香港でインフルエンザ大流行 死者283人に急速拡大

【大紀元日本2月26日】インフルエンザA香港型(H3N2)が猛威を振るっている香港。同保健当局の発表では、現地時間25日昼までの今年の死者は283人に達した。 今年に入ってからの重篤患者は383人、そ
2015/02/26

香港、インフルエンザ大流行 1000人以上入院、51人死亡

【大紀元日本1月28日】香港ではインフルエンザA(H3N2)型が猛威を振るっている。これまでに1000人以上の感染者が入院し、うち51人が死亡した。感染者数は増え続けており、感染症専門家は2月19日の
2015/01/28

鳥インフル 当局また隠蔽か 市民ら証言

【大紀元日本2月13日】中国での鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)の感染者数は、当局が発表している数字を上回るとの情報が大紀元に寄せられている。感染が爆発的に増えた場合に備え、軍隊の対応態勢も整え
2014/02/13

4日間に3人 広東省で鳥インフル感染が相次ぐ

【大紀元日本12月19日】広東省衛生当局は18日、同省陽江市に住む62歳の男性が鳥インフルエンザウイルス(H7N9型)に感染したことを明らかにした。同市では2日前も女性の感染が確認されたばかりだ。 広
2013/12/19

鳥インフルで3人目の死者 ユーザーら、政府情報に疑いの目

ユーザー「蘭調絲語」の投稿(スクリーンショット)【大紀元日本4月4日】浙江省当局は3日、同省杭州市の男性2人がH7N9型鳥インフルエンザに感染し、うち1人が死亡したと発表した。これで中国全土で同ウイル
2013/04/04

鳥インフル 長江デルタに集中 感染源と感染者数が錯綜

鳥インフルエンザ感染者の分布図(新京報よりスクリーンショット)【大紀元日本4月3日】中国で発生している鳥インフルエンザ(H7N9型)で新たに4人の感染が発表され、感染者は計7人となった。これ以外にも、
2013/04/03

鶏肉から抗生物質 仕入れ先に北京吉野家も

【大紀元日本12月26日】北京市当局は22日、山東省六和グループの鶏肉を取り扱う23の食品関連企業を公開した。北京の吉野家、ケンタッキーフライドチキン(KFC)などがリストアップされている。六和グルー
2012/12/26

新型インフル感染 今年すでに20人死亡=中国衛生部

 【大紀元日本2月13日】中国衛生部は11日、今年のインフルエンザ・ウイルスA型(H1N1)感染は、2月8日の時点で計3833例、その内死亡20例と発表した。北京紙・新京報によると、1月の感染者数は、
2011/02/13

北京、新型インフル患者が増加 危篤患者も

 【大紀元日本1月15日】北京では通常の季節性インフルエンザと新型インフルエンザの患者が増加しており、重症患者1名、危篤患者1名いることが、13日の市衛生局の発表で分かった。 関係者からの情報によると
2011/01/15

死者の肺は真黒 ウクライナで謎のインフルエンザが流行、既に315人死亡

 【大紀元日本11月19日】現在ウクライナでは謎のスーパーインフルエンザが大流行している。死亡した患者の肺は炭のように黒く、内出血と肺水腫の症状があり、第1次世界大戦後のスペイン風邪に状況がよく似てい
2009/11/19

北京、779人がH1N1型感染 中国でトップ

 【大紀元日本8月29日】北京市疾病制御部門の統計によると、中国北京で25日夜7時までに、H1N1型ウイルス感染が確認された症例は779人で、中国各都市の中でトップを占める。北京市疾病制御センターの鄒
2009/08/29

新型インフルエンザ死亡例 半数が妊婦、肥満者、持病もち

 【大紀元日本8月27日】新型インフルエンザ(H1N1)による死亡例のうち、約半数が糖尿病などの基礎疾患を持つ人や妊婦、または肥満者であると20日、フランスの研究所が発表した。 フランス公衆衛生監督研
2009/08/27

懸念される旧正月休暇中の鳥インフル蔓延=中国

 【大紀元日本1月31日】旧正月休暇、中国大陸では依然として人の鳥インフルエンザ感染が発生している。データによると、今年に入って7件の病例が確認され、うち5人は死亡したと伝えられている。専門家は、新春
2009/01/31