中国諸相4

2005年07月05日 02時53分
 【大紀元日本7月5日】
少年工たちは朝から晩まで働いて中国経済の「繁栄」に貢献

 広州市海珠区にある康楽村、東は広州大道と、北は中山大学と隣接する広州の繁華街に位置する。狭苦しく日の当たらない地下工場で、数百人のあどけない子供が昼夜働いている。給料は年に一回のみで、おなかを空かすのは日常茶飯事。中には病気を患っている子供もいる。
これも生計のため


釈放されたときは60kg台だった体重が32.3kgに。その3ヵ月後冤罪を晴らすことなくこの世から亡くなった四川省の法輪功学習者・張暁洪氏。


陳情のため上京したが、北京の警察の拷問により母子とも死亡した山東省の法輪功学習者・王麗萱氏と8ヶ月の息子・孟昊ちゃん。


関連キーワード
^