2004年群衆抗争記録 中共による内部危機の転嫁に台湾が関心

2005/07/22 17:30
 【大紀元日本7月22日】 中国大陸において、近年立て続けて発生した群衆抗争について、台湾行政院大陸委員会(以下、陸委会)主委呉氏はこのように述べた。「台湾は中共が民族主義を利用して内部危機を転嫁し、台湾をスケープゴートに仕立てるのか、について強い関心をもっている」という。

 台湾陸委会の最新資料によると、2004年以来、中国大陸において発生した重大な群衆抗争、動乱事件は少なくとも50件、参加者は1,300,000もの人々にも上っている。発生した省には、広東、広西A福建、浙江、江蘇、江西、安徽、四川、湖北、湖南、北京、河北、河南、陝西、遼寧、内蒙古、黒龍江等18の省が含まれており、中共は最近になってメディア及び言論の自由への制限を更に強化している。

 さらに、呉氏は次のように強調した。「中国大陸各地ではデモ抗争事件が引きも切らず発生を続けている。事態が進展するにつれ、中国大陸は民族主義感情を利用して、これを国内の不満を転嫁するのではないかということについて、我々陸委会は強い関心を持っている。国内の社会問題が非常に深刻な状態に陥った中国大陸に、台湾がスケープゴートにされることを我々は希望していない。」

 2004年以降中国大陸で発生した群衆抗争、動乱事件(反日デモを除く)

*以下、時期・場所・人数・抗争方式・原因の順に整理

○2004年1月6日 広東省茂名市
 3,000人余りの退職労働者が請願デモ 政府の規定した基準に従わず支払われた退職金に対する不満

○2004年2月初 福建省福寧徳市下直轄の福安市
・6万人余りの農民が官員の罷免のために署名 
・土地収用に係る補償金の官員による横領

○2004年2月初 福建省福州市倉山区及びミン候県
・11,000人余りの農民が官員の罷免のために署名
・官員の腐敗による生活への危惧、冤罪事件の多発

○2004年2月8日 湖北省随州市
・2,000人の労働者が線路、道路などの交通を塞いで抗議
・工場が香港資本の企業に転売された後に補償が行われなかったこと

○2004年7月14日 黒龍江鶏西鉱務局
・23人の陳情者が飛び降り自殺未遂 現場で2,000人余りが見物
・北京市鉱務局による老齢年金の支払い拒否

○2004年2月14日~17日 江西省萍郷
・20,000人余りの労働者及び家屋が党政機関を包囲
・労働権、保障権、生存権の享受を要求

○2004年3月 浙江省金華市
・2人の主導者が約100人を率いて街頭デモ
・強制立ち退きに反対

○2004年6月28日 湖南省懐化市
・120,000人近くの農民が懐化地区を包囲し、交通を30時間余り中断
・抗争農民は“土地を守れ、官吏を打倒せよ、人民政府を設立せよ”のスローガンを掲げた

○2004年7月12日 河北省行唐県
・10,000人の農民が請願デモ

○2004年7月17日 遼寧省建昌、建平及び凌源の三県
・約300,000人の農民による集会抗争
・農民の生存権、土地権、平等権、法律保障権、社会公民権、自由権を要求

○2004年8月20日 北京市
・500人の農民が道路を閉鎖して抗議
・不動産会社による農地の占拠及び豪華住宅の開発に抗議

○2004年9月3日~10日 安徽省淮南炭鉱
・10,000人の労働者及び家族がストライキ、集会、デモ
・鉱務局スタッフの改組、炭鉱の生産量、販売量の公開を要求

○2004年9月15日~18日 河北省保定市、唐山市
・50,000人余りの下崗・失業労働者及び家族が大規模デモ
・反失業、反下崗、反浪費、反官僚、反特権、反腐敗

○2004年9月17日 江蘇省徐州市
・20,000人余りの市民が市政府ビルを包囲
・当局の腐敗、浪費、権力濫用に抗議

○2004年9月14日 陝西省咸陽市
・6,000人余りの労働者が40日間ストライキ
・工場の外資への譲渡を通じて、中高階層の職員のみが利益を獲得し、下層労働者の生活が困難になったこと。

○2004年9月初~9月30日 湖北省随州市
・1,000人近くのリストラされた労働者及び家族が市政府の前で抗議
・反腐敗、憲法違反、権力濫用

○2004年9月中旬~9月26日 河南省安陽、濮陽、鶴壁及び開封の4地区
・200,000人近くの農民、出稼ぎ労働者が集会抗争

○2004年9月中旬 江西省宜春、新余及び吉安の3地区
・170,000人余りの農民が道路を塞いで抗争
・農民が公開で“立ち上がって革命を起こし、土地、官の財産を分割せよ”と呼びかける。

○2004年9月下旬 雲南省靖、玉渓の2地区
・100,000人のタバコ農家がタバコの葉の取引を拒否

○2004年10月6日 広東省深せん市
・美芝海燕電子工場の労働者3,000人余りが道路を塞いで抗争
・月給が230元しかないことに不満。合法ルートで交渉するも拒まれる

○2004年10月11日 黒龍江省チチハル市
・下崗・失業労働者の代表200人余りが抗議
・社会保障金・リストラされた労働者の生活費の支払い遅延に抗議

○2004年10月14日~18日 河南省平頂山市
・5,000人の私有商店主が集団で営業拒否
・税務部門、工商部門による「恐喝、むやみに費用や税金を徴収すること」に抗議

○2004年10月16日~18日 内蒙古自治区包頭市
・10,000人余りのリストラされた労働者及び家族が市政府ビル及び広場を占拠して抗議
・工場方が労働者を騙して労働権、生存権、政治的権利を剥奪したことに対する抗議

○2004年10月17日 陝西省咸陽市
・4,000人余りの労働者が4週間に渡って集会抗議
・企業トップの腐敗、資産の横領、無駄遣いに対する抗議

○2004年10月18日 四川省攀枝花市
・8,000人余りの市民、労働者、退役軍人が集会抗議
・公安職員、市政府幹部の常態的な無駄遣いに抗議

○2004年10月18日 四川省重慶市万州区
・約50,000人の民衆が区政府ビルの前に集まって「説明を求める」
・1名の農民が自称「幹部」の人に殴打され、民衆が“官員同士がかばいあっている”ことに不満

○2004年10月21日 浙江省浙江大学
・数百名の大学生が外国人留学生宿舎を包囲

○2004年10月22日 安徽省蚌埠市
・10,000人余りの紡績工場労働者が街頭で抗議
・生計を立てるに満たない退職金に抗議

○2004年10月27日~31日 河南省中牟県
・漢族・回族が衝突、7人が死亡、42人が負傷、18人が逮捕
・交通事故をめぐるトラブルで2村の村民が農具で殴り合う

○2004年10月27日~11月7日 四川省雅安市漢源県
・100,000人近くの農民が暴力に抵抗して抗争、四川省委書記張学忠が取り囲まれた
・ダム建設に伴う土地収用の補償金が低すぎることに対する不満

○2004年11月7日 広州番禺市
・1,000人の工場労働者がストライキ
・工場側の待遇改善、職員に週1日の休暇を保障することを要求

○2004年11月12日 広西壮族自治区桂林市
・数百人の民衆が市政府に集まって抗議
・民衆の土地を政府が占拠・転売したことに対する抗議

○2004年11月26日 四川大学
・1,000人余りの学生が集会抗議
・学校職員が飲酒運転の末に事故を起こして逃走

○2004年12月22日 広東省東莞市太郎鎮
・10,000人近い民衆が集結
・自動車事故をめぐる賠償金をめぐり、出稼ぎ労働者が暴行・殺害される

○2005年1月5日 広東省深せん市
・2,000人余りのマッサージセンター職員がビルを占拠して抗争
・強制立ち退きに対する職員の不満、給与払いの遅延が原因との説もあり

○2005年1月6日 北京市
・秀水街の店舗が抗争
・市場の撤去に抗議

○2005年2月2日 広東省深せん市
・数千人の労働者がデモ抗議
・雇用側の賃金ピンハネに対する不満

○2005年3月上旬 広東省佛山市張槎鎮大富工業区
・5,000人余りの労働者が3日間職場に戻らず工場側と対峙
・工場側が身体検査の結果を偽ってじん肺の病気を隠し、業務環境の改善に取り組もうとしなかったことに対する不満

○2005年3月19日 広東省深せん市
・数千人の学生が道路を塞いでデモ抗議
・企業の就職説明会(招聘会)でお金を騙し取られたことに対する不満

○2005年3月30日 河北省唐山市
・河北省開灤の炭鉱労働者数千人が街頭でデモ抗議
・賃金の引き下げ及び不当な待遇に対する不満

○2005年4月10日 浙江省東陽市画鎮
・ほぼ鎮全体の53,000人を動員した抗争
・鎮内の竹渓化学工場地区の汚染問題に対する抗議

○2005年4月 北京市
・20の省から来た退役軍人約1,600人が民解放軍総政治部西大門で座り込み抗議
・退職制度に対する不満

○2005年5月3日 広東省広州市白雲
・台湾資本による工場の労働者が街頭で道路を塞いで抗議、交通は一時間中断、工場は生産停止へ
・五月の大型連休がわずか一日しか与えられなかったことに対する不満

○2005年5月21日 江西省泰和県
・数百人の農民が京九鉄道井崗山駅を破壊、2本の列車の出発を妨害し、鉄道の交通を6時間遮断した。
・土地収用に係る不十分な補償に対する不満

○2005年6月10日 広西省南寧市興寧区
・多数の民衆が抗議
・当地政府関係部門による発電所の建設に伴う土地収用に伴う理不尽な立ち退きに抗議

○2005年6月11日 河北省定州市縄油村
・300人余りの暴徒が数百人の村民を襲撃
・国華定州発電所の廃棄物保存所の設置に伴う土地収用に係る補償方法に村民が不満を持ち、現地に移り住んだところで暴徒の襲撃に遭遇

○2005年6月13日 広東省東莞塘厦鎮
・100人ものタクシードライバーが当局の不公平な処理に不満を持ち、鎮政府を包囲して抗議
・タクシードライバーと交通警察との衝突

○2005年6月26日 安徽省池州市
・10,000人が街頭へ出て派出所、パトカーを破壊、大型スーパーマーケットから掠奪
・交通事故をめぐるトラブル

○2005年7月 広東省佛山市海南区三山港村
・2,000人の農民が派出所を包囲して抗議
・政府による強制的土地収用に抗議

(資料は台湾行政院大陸委員会提供)

関連特集

関連記事
注目記事
^