駐日中国武官、防衛庁の幹部らと秘密会合

2006/07/10 08:24
 【大紀元日本7月10日】 警察当局の調査で、駐日中国大使館の武官2人が、防衛庁の現職幹部らと頻繁に接触していたことが判明した。警察当局は監視や尾行などの調査を行ったが、この中国武官2人は、いずれも調査の最中に帰国したため、捜査が打ち切られ、真相究明ができなかったようだ。

 平成9年に警察当局は、中国大使館の武官と防衛庁の退職したOBが頻繁に接触していたことを確認した。両者は一年間にレストランなどで20回ほど会っていた。警察が秘密調査中に、その武官は突然帰国した。

  平成14年に警察当局は、別の中国武官が防衛庁の現職幹部と料理屋で面会を繰り返しているのを発見した。一年間に計十数回の頻度だった。警察が監視や尾行などの調査を行ったが、その間この武官もすぐに中国に帰国してしまった。

 両者の接触が頻繁かつ定期的に行われていることから、警察当局は日本の国家防衛の機密情報が漏洩されているのではと疑い、長期的に当事者を監視したが、両武官のいずれも帰国したため、捜査が打ち切られ、情報漏れの有無は解明できなかった。

 昨年12月に、駐上海日本領事館の男性館員が中国の情報部員から外交機密情報の提供を脅迫されたため、自殺した事件が明るみに出た。今回明らかにされた中国武官と日本の防衛庁幹部らとの秘密接触からも、中共政権による日本国内でのスパイ活動の一環を反映した。

関連記事
注目記事
^