在外中国人、民主中国の青写真を構築開始

2006年08月16日 06時21分
 【大紀元日本8月16日】米国、オーストラリア、欧州などで滞在する中国人が先月、米ワシントンで、民主中国の青写真を構築する組織「未来中国論壇」の設立を正式発表した。「天下の興亡は一人一人の責任」と「中国の未来設計」を設立趣旨とし、「中国共産党(中共)の解体」過程の中、多くの中国人有識者らを呼び寄せ、憲法、臨時政府の人選、国家管理政策などの民主中国の青写真を共同構築して行くという。

 発起人の一人、伍凡氏(米国在住)によると、「未来中国論壇」はすでに3通の公告を出しており、中共をどう解体していくか、それまでの過程における立場、観点および政策を表明し、中国人民の提案および意見を受け入れながら、修正を行っていくという。特に、第3通の公告は、中共軍部にいる一部のクーデターを図っている将領と兵士を代表する中共「軍部内の声」をまとめたものであり、クーデターが起きた際に中国と世界に公表するものという。

 「未来中国論壇」のメンバー、北京元大学、貴州大学の法学教授・袁紅氷氏(オーストラリア在住)および郭国汀弁護士(カナダに在住)が、中共「軍部内の声」よりの提案・意見を参照しながら、『未来中国憲法綱領』の作成を担当している。

 袁・郭両氏のほか、中国人ベテラン記者、元新華社駐パリ特派員、フランス国際ラジオ放送局中国語部主任の呉葆璋氏も「未来中国論壇」の新聞メディアの自由部門の責任者となった。

 中国大陸で当局の圧力に屈せずに人権擁護活動を行っている人権弁護士・高智晟氏は、「未来中国論壇」の発起人たちは、前人未到の歴史的役割を担っていると高く評価した。高弁護士は、『未来中国憲法綱領』の作成について、未来の民主中国構築過程を開始段階として進めてゆくとの見解を示し、未来中国の青写真を中国人に知らせるべきだと主張した。

 「未来中国論壇」は現在、公式のホームページ(www.futurechinaforum.org)で、全世界の華人に対して、中国大陸では何時でも事変の発生の可能性があるとし、大陸の政治経済の情勢に強く関心を寄せるよう呼びかけ、それに対応するさまざまな分野の多くの人材を募集している。

関連キーワード
^