THE EPOCH TIMES

<新型インフル>ワクチン接種の児童や学生、次々感染 新たな死亡例=北京

2009年11月02日 08時13分
 【大紀元日本11月2日】北京衛生局の発表によると、北京市の学校では新型インフル感染は最近爆発的に流行している。航空航天大学の学生一人が先週、「軍事訓練」(中国の大学では受講が義務付けられている)の期間中感染し死亡した。10月1日前、北京での60周年式典を成功させるため、小学生から大学生までの学生に対し無料でインフルエンザワクチンを接種したにもかかわらず、式典開催した後、ワクチンを接種した6歳以上の児童と学生の感染率が高く、市民はSARS流行時のように大きく動揺している。

 北京市衛生局のウェブサイトの情報によると22日、北京航空航天大学の3千人余りの新入生は、大興高校軍訓基地で「軍事訓練」(中国の大学では受講が義務付けられている)の期間中、一部に次々と発熱などのインフルエンザの症状が現れた。26日には症状の悪化した学生1人が病院で治療を受け、27日に死亡している。

 中国衛生部の発表では、28日までに6345例の新型H1N1インフルが確認されており、全国31省市および自治区でのインフルエンザ疾患全般の累計報告は4万2009例、死亡者数は4名。政府側のデータによると、北京では6千人以上にインフルエンザの症状が見られ、その内の33%前後が新型ウイルスだという。この割合は、週内にも50%に達すると予想されている。

 中国政府報道機関によると、北京市新型インフルの厳重現状に、温家宝総理が10月31日に、北京市児童病院を訪ね、感染の状況を視察した。

 北京市のある医師は、児童の新型インフルの流行について、政権樹立60周年記念日前に行われた新型インフル用ワクチン接種が原因であると指摘している。実際、多くの児童に発熱などの同じ症状があらわれている。ある児童の家族は、新型インフルワクチンは、わずか数ヶ月で研究から生産に至っており、多くの臨床実験も経ていないと話している。

(翻訳編集・坂本)


関連キーワード

関連特集

^