THE EPOCH TIMES

土屋敬之東京都議「オーケストラも付き、この公演は一流」

2010年03月09日 10時49分
 【大紀元日本3月9日】神韻東京公演2日目にあたる3月6日夜、東京都議会議員・土屋敬之氏が夫人を伴って会場を訪れた。2007年、埼玉・大宮(現さいたま市)において日本で初めて神韻公演が行われて以来、毎年、神韻鑑賞に来ている土屋氏に、演目の前半が終わったところで感想を聞いた。

 「今年は、東京都や横浜市などの自治体が後援になっている。これは神韻公演の芸術性が高いことを証明するものであり、喜ばしいことだ」

 また土屋氏は、日本に渡来した中国文化が日本的にアレンジされて日本文化が成立した歴史を踏まえて、その両文化の関係を「兄弟」という言葉で表現し、次のように述べた。

 「その『お兄さん』である中国文化に基づく芸術を、多くの人、特に政治家に見てもらいたいと思う。中国には1つの思想しかないと思っている人も多いが、このような中国伝統文化に基づく芸術団が(海外には)あるということを、知ってほしい」

 今回の来日公演が神韻芸術団オーケストラの生演奏つきで行われていることについて同氏は、「この公演が一流であることの証である」と述べて、「神韻芸術団の皆さんと、公演に携わった皆さんのご努力に敬意を表したい」と称賛した。

 土屋夫人は、「前半の演目の中では、迫害を受けた親子の物語が、とても心に響きました。中国伝統舞踊は非常に美しいですが、それは高い技術や芸術性に加えて、強い信念があってこそできるのだと感じました」と感想を述べた。

(記者・牛彬 、翻訳編集・牧)


関連キーワード

関連特集

^