THE EPOCH TIMES

天津と寧波の輸送業者もストライキ 上海から触発か

2011年04月22日 17時03分
 【大紀元日本4月22日】燃油価格の値上げで生活苦を訴えた上海のコンテナトレーナー運転手によるストライキに触発され、天津市でも同様のストライキが行われたという。また、浙江省寧波市では4月15日にすでにストライキが始まったとの情報もあり、ストライキは広がりを見せつつある。米中国語サイト・博訊が報じた。

 それによると、上海市で20日から始まったストライキはまだ続いており、天津市では21日から多数の運転手が配送を中止したという。現在、上海の70~80%の物流がストップされているもよう。

 天津市のある物流会社の社員は、同市の一部のコンテナはすでに操業を停止したと証言し、「物価高に加え、輸送は低賃金。路政担当と交通警察官は言いがかりをつけては、罰金を要求する」と窮状を訴えた。

 一方、新浪網や中国版ツイッター「微博」の書き込みによると、港町の浙江省寧波市では、ストライキが4月15日に始まったという。物流会社は顧客に早めの準備対策に取り組むよう呼びかけている。

 上海のストライキに参加した王さん(女性)の話によると、ストライキは、様々な名目に対する徴収金の撤廃、警察官に贈賄する運転手に対する業務停止を訴えている。警察官に贈賄すれば、罰金目当ての検査が免れる。「すでに70~80%のコンテナトレーナーは配送を停止した。残りの運転手は国から手当てを受けている国営会社の人たちだ」と説明した。

 物流会社を営む劉さん(男性)は記者に対して、「経営が成り立たない状況。ガソリンの値上がりが相次ぎ、そのうえ、各種の徴収金が課されている。利益はほとんど残らず、今回の問題が解決されなければ、廃業するしかない」と話す。

 報道によると、ストライキの参加者は、ほとんど地方出身者だという。物流会社の社員でありながら、自腹を切って運転するコンテナトレーナーを40万元(520万円相当)で購入し、ガソリン代や各種の費用はすべて自己負担している。物流会社から仕事を請け、収入となる輸送費は支給されるが、実質上、自営業状態。

 燃油価格が値上がりする前は、毎月4000~5000元(5万2千~6万5千円相当)の収入を手にしていた。しかし、2010年に燃油価格が4度にわたり値上がりしたにもかかわらず、輸送費は据え置きのまま。運転手を雇っている人もおり、運転手への給与を支払うと、手元にほとんど残らない。

 ストライキは4月初めに一部の運転手の間で計画され、20日に決行された。参加者は、「4000人いた」と話している。警官らとの激突が生じ、参加者のうち3人が死亡、7人が負傷。警官にも負傷者が出ていると伝えられている。

 
(翻訳編集・高遠)
 

関連キーワード
^