印刷版   

地価が下落の兆し 地方政府が財政難のピンチ=中国

 【大紀元日本6月7日】ここ数年にわたって高騰し続けてきた中国の土地価格は下落する兆しを呈している。急速な下落で土地譲渡の収入で支えられている地方財政がピンチに立たせられていると専門家は懸念している。

 クレディ・スイスが発表した統計によると、中国全土の土地売却の平均取引価格は、4月に前月比32%下落し、年初から51%下落している。中国国内の中原不動産研究センターの統計によると、4月に15都市の住宅用地供給量が435ヘクタールと、前年同期比と前月比より大幅に減少した。同月に中心都市の地価も前月比と比べて18%下落した。

 また、中国国土資源部の統計によると、今年第一半期から住宅用地は商業用地より価格が下がり始めた。

 地価の下落について、ジョンズホプキンス大学高等国際問題研究所の教授で、中国経済問題の専門家ピーター・ボタリア氏は、それには二つの理由があると見ている。一つは昨年4月から、高騰した不動産価格を下げようと様々な引き締め政策を実施したため。もう一つは中央政府が低所得者向けの格安住宅に土地を提供するよう命じたから。

 英フィナンシャルタイムズによると、10数年前から、中国は住宅の配給を廃止し、住宅市場の急速な拡大を受け、地方政府は土地売買から巨額な収入を得るようになった。

 情報調査会社のCEICによると、昨年は土地譲渡による収入が2009年から2倍近く増え、約3兆元(約37兆円)に達し、地方政府の財政収入の70%を占める。

 政府の不動産市場の引き締め政策で、CEICは2011年の土地譲渡収入は2兆元(約25兆円)まで下落すると見ている。「急激な下落で、多くの地方政府は大きな影響を受けるだろう」とボタリア教授は指摘する。英フィナンシャルタイムズは「最も影響を受けるのは経済が多様化しておらず、土地収入に頼っている貧困都市」だと分析する。

(翻訳編集・高遠)


 (11/06/07 11:28)  





■キーワード
土地財政  不動産バブル  地価  


■関連文章
  • 謝国忠:「3年間で不動産価格は半減する」(11/05/25)
  • 中国経済、30年来最大の転換期に (11/05/12)
  • 3月CPI5.4%上昇 インフレ加速 苦戦する政府=中国(11/04/16)
  • 半年で4度目の利上げ 「一石三鳥」になるのか(11/04/14)
  • 中国インフレ抑制不能か 米著名経済学者が警告(11/02/07)
  • 北京市の最高地価、坪1440万円 北京を売ればアメリカが「買える」か(11/01/27)
  • 2011年 中国の経済成長は減速=中国人学者予測(11/01/24)
  • 中国、追加利上げ ジレンマに陥るインフレ抑制策 専門家「潜在インフレ率38%」(10/12/28)
  • 新土地囲い込み運動が再来 専門家「農民の激しい反発を招きかねない」=中国(10/11/09)
  • 中国不動産バブル、多数の利益集団が決め手 崩壊のカウントダウン=独立経済評論家(10/11/02)
  • 不動産価格また上昇 政府、価格抑制に躍起=中国(10/08/20)
  • 中国GDP、日本抜き世界2位へ 中国学者「急成長 今後に大きな支障」(10/08/18)
  • 4月の中国CPI発表、専門家がデータに疑問:「深刻なインフレが既に発生」(10/05/18)
  • 「大躍進の再来」 各省のGDP成長、全国平均値を上回る ネットに批判殺到=中国(10/04/28)
  • 大都市の住宅価格は世帯所得の50倍 深刻化する不動産バブル=中国シンクタンク(10/04/25)