THE EPOCH TIMES

薄煕来氏、党役職停止 妻は英国人殺害容疑

2012年04月11日 10時53分
 【大紀元日本4月11日】先月、重慶市党委員会書記を解任された薄煕来氏(62)は、党中央政治局員と党中央委員の職を解任されたことが明らかになった。妻の谷開来氏は殺人容疑で司法機関に送致されたことも同日発表された。

 新華社(ウェブ版)10日夜11時の報道によれば、共産党中央は、薄煕来氏が「厳重な規律違反」を起こした疑いがあるとして、党の規定に基づき、氏の中央政治局員と中央委員の職務を停止し、特別調査を行うことを決定した。

 さらに、同じ時間のほかの報道では、薄氏の妻の谷開来氏は英国人実業家、ニール・ヘイウッド氏を殺害した容疑があるとして、現在司法機関に送致されている、と伝えた。

 同報道によると、2月6日に成都の米国総領事館に駆け込んだ王立軍・元重慶市副市長の証言をもとに、司法機関がヘイウッド氏の死亡事件の調査に乗り出したという。

 ヘイウッド氏は昨年11月、重慶市のホテルで死亡しているのが見つかったが、当初、地元警察当局は過度のアルコール摂取が死因だと判断した。だが、今回の報道では、ヘイウッド氏の死因について当局が再捜査した結果、「他殺」と断定したとしている。

 谷氏と息子はヘイウッド氏と良好な関係にあったが、「経済利益をめぐる問題」から衝突が生じ、関係が悪化。今回、当局の再捜査で、谷氏と薄家の従業員・張暁軍さんがヘイウッド氏殺害に関与した疑いのあることが判明したという。

 新華社の報道はさらに、中国は法治国家であり、「誰であろうと」法律に違反すれば法に従い処分すると強調している。薄煕来氏にも今後、司法の手が伸びる可能性を窺わせている。

(翻訳編集・張凛音)


関連キーワード

関連特集

^