印刷版   

吉林省、キリスト教信者多数逮捕

 【大紀元日本6月12日】米国ラジオ「ヴィオス・オブ・アメリカ」6月10の報道によると、中国当局はこのほど、吉林省100以上の地下キリスト教会を家宅捜査し、600名ほどのキリスト教徒を拘留したという。逮捕者の中の多くは学生と大学教師である。

 アメリカに本部を置くキリスト教徒の権益を守ることを目的とする「対中国援助協会」からの情報によると、今回の逮捕は5月25日に行われ、未登録の地下キリスト教会を対象としたものである。

 当協会の責任者の話によると、当局は大学における地下教会の影響力を無くすため、今回の行動をとったという。吉林省では、韓国の宣教師による活動は最近活発になっているようだ。

 大学のほかに、農村部の家庭教会も時々突然捜査されている。中国当局は国内のキリスト教会に政府支配下にある「三自愛国会」への加盟を強要している。今年3月、中国政府は新しい宗教管理条例を作り、全ての宗教活動を政府に登録することを義務付けた。しかし、多くの地下教会のメンバーは加盟を拒否している。

 (05/06/12 14:51)  





■関連文章
  • 仙台、第三回「九評共産党」シンポジウム開催(05/05/26)
  • 中国の人権違反の状況は国連の非難を浴びている(05/05/16)
  • 中共暴政をニューヨーク・タイムズ紙が暴露(05/05/15)
  • 国際組織が香港大紀元の印刷差し止め事件を調査(05/05/14)
  • EUは中共に人権保護状況の改善を促す(05/05/12)
  • エイズ、中国を蝕む(05/05/12)
  • 補償を求める農民2000人を暴力で鎮圧 四川省(05/05/10)
  • 2005年国連人権委員会:思想・良心の自由を侵す犯罪(05/04/28)
  • 中国共産党、インターネット封鎖に60億人民元(05/04/17)
  • 新唐人衛星事件がジュネーブ人権会議で討論される(05/04/15)
  • 法輪功のための弁論(05/04/09)
  • 米田建三教授(元内閣府副大臣):世界は抗議の声を上げるべきだ(05/04/02)
  • アメリカ年一回の人権報告で中国に対して失望を表す(05/03/07)