中国国際航空公司、上海で株式上場

2006/02/13 13:40
 【大紀元日本2月13日】BBCによると、中国最大の航空会社「中国国際航空公司」が、上海で株式上場を申請、売却益により、新しく民用航空機45機を購入するという。同公司の試算では、270万株を売却、香港公開価格の9割程度に相当、売却益は約8億3000万米ドルになる見込み。中国は現在、香港トップの会社に買い取りを希望しており、大陸内での経営体力を増強するねらいとみられる。今年4月の上場を希望しており、当局はこれまで市場で株式新規上場を禁止していた。

 中国証券監督管理委員会は、これまで株式の新規上場を禁止、持ち株規定を改定していた。中国経済の成長は一見快調だが、上海・深圳地区の証券市場はここ数年不調で、大陸の各社有名企業も海外で上場した。中国国際航空公司によると、今回の株式売却益で、エア・バスA330-200を20機、ボーイング787を15機、ボーイング737-800を10機購入、飛行場の整備も行うという。燃料コストの上昇、中国東方航空公司、中国南方航空公司との市場競争で、中国国際航空公司もその民用航空部門の規格を高める。2005年上半期(1-6月)、中国国際航空公司の純利益は25%減少した

関連記事
注目記事
^