印刷版   

五輪開会式の口パク疑惑の渦中の、2人の幼い女の子

中国共産党の立国と「偽」を論ずる

文・蔵山

 【大紀元日本9月11日】北京五輪では、開幕式の足あと花火の偽造、歌手の女の子の口パク疑惑、少数民族児童の偽称、選手年齢の水増し疑惑などが呈された。実をいうと、すでに私はこれらのことを見慣れているため、まったく驚いていない。しかし、中国人の偽造に対する態度に私は強い衝撃を受けた。

 中国当局の官製メディアCCTVは北京の街頭で開会式での偽造行為に関する聞き取り調査を行った。その結果、8割の市民は「理解できる」と回答、その理由は、「国家の利益と国家のイメージにかかわるから」という。口パク疑惑がばれるまでに、開会式の総監督・張芸謀氏と口パク疑惑の張本人、林妙可ちゃんは、メディアの取材に堂々と応じ、これっぽっちも隙を見せなかった。私は特にこの幼い女の子の「貫禄」に目が点となった。

 このことについて、ある米国人が私に聞いてきた。「彼らはこの行為はよくないと知らないのか、これは一種の詐欺だとわからないのか」。この米国人は以前、中国の贋物商品について「これは経済発展の一つの段階である」と弁護していたくらいなのに、さすがに今回の件については、困惑したようだ。

 この中国の大ファンの問い詰めに私は言葉を失ったが、この米国人に真実を伝えるしかないと思い、「中国では幼稚園から偽造の教育を施している。しかも試験という方式で強化し続ける。それによって、ほとんどの国民は平然とうそを言えるように鍛えられた。中国人の猜疑心が非常に強いのも、もちろんこの特殊な偽造教育の結果である」と説明した。

 実をいうと、北京五輪での偽造行為は、中国当局の他の行いと比べるとまだずっとマシである。例えば、五輪期間中に抗議を許可するという「デモ許可区域」。いかなる申請も許可されなかっただけではなく、それを餌食にして、多くの抗議申請者を逮捕した。 外国人記者はことの珍しさに大胆にもこの問題を北京五輪組織委員会の幹部に問い詰めた。結局、挙句の果てに、「自分だけが頭がいいと思わないで欲しい」と叱責されてしまった。

 中国のその幹部の答えは誠に合っている。これらの外国人記者は中国共産党が交わした約束を真剣に受け止めるなんて、頭がいいどころか、むしろ超大馬鹿である。少なくとも私が接触している中国人は、誰一人として中国共産党の約束事を信じるほど愚かではない。

 実際には、北京五輪そのものは、中国共産党が数百億ドルを費やして作った仮面である。しかし、まさに「偽が真になるとき、真も偽になり」との俗語のように、最後には、当事者自身でさえ、真偽を区別できなくなり、持ち上げた石を自分の足に落とすように自業自得の末路に就くであろう。

 かつての中華民族は「仁、義、礼、智、信」を重んじ、その「信」をもとに国を繁栄させた。今日、中国共産党が「偽」を国の土台にしていることが、先祖に知られたら、恐らくその祖先であることを大恥と思うに違いない。

 (翻訳編集・叶子)


 (08/09/11 06:43)  





■関連文章
  • 法輪功弾圧中止支援の請願書、広島県と広島市に提出=CIPFG広島事務局(08/09/08)
  • 中国の民主派知識人が語る北京五輪(08/09/08)
  • 日本の美:高島礼子(08/09/07)
  • 英国議員、北京五輪参加選手を非難(08/09/07)
  • 北京五輪期間中に「限定開花」、街路の花まで偽物(08/09/07)
  • 株価急落で 上半期の国内ファンド含み損は1兆元に(08/09/06)
  • 四川大地震から100日、未だにテント生活続く被災者(08/09/06)
  • 中国刑務所監禁の米国人、虐待の実体験語る(08/09/05)
  • 北朝鮮はなぜ「美女軍団」を北京五輪に送らなかったのか(08/09/04)
  • 何清漣:金メダル獲得数世界一で失ったもの(08/09/04)
  • 5億ドル着服の中国銀行元支店長ら、逃亡先の米国で裁判(08/09/02)
  • 北京市内、環境汚染に住民が抗議デモ(08/09/01)
  • EU 情報社会メディア委員会、新唐人衛星信号切断問題に質疑(08/08/30)
  • 五輪報道禁止21項目、中国人真相を知る術がない=デンマーク紙(08/08/30)
  • 中国五輪メダル金51銀21銅28、四川地震発生日時と偶然一致(08/08/29)