印刷版   

中国生物科学者、スパイ罪で死刑執行

 【大紀元日本12月1日】台湾のためにスパイ活動をしたとして起訴されていた中国生物科学者の呉維漢氏が11月28日朝、死刑執行された。呉氏の遺族と国際特赦組織及びオーストリア、米国政府などが呉氏の死刑執行は透明性のある公正な司法審理を経ていないことを糾弾している。ラジオ自由アジア(RFA)が伝えた。

 呉氏の娘である陳然(音訳)さんは、オーストリア大使館を通じ父親が同日朝、死刑となったことを知らされたと話している。ロンドンに本部を置く国際特赦組織の声明では、呉氏が弁護士もつけてもらえず有罪となったこと、呉氏の量刑が公平な審判を経ていないことが伝えられている。陳然さんは呉氏が法廷上で罪状を認めたことを撤回している事を公表しており、中国政府の父親に対する取り調べの過程は不透明で、起訴ははっきりとしたものではないとしている。また数年来の家族の面会要求も拒否され続けていたことも明らかにしている。報道によると、この1年、オーストリアと米国の駐中大使館が中国政府に対し呉氏の家族の要求である全面的な合法審査を呼びかけていたという。11月27日、中国外交部スポークスマン秦剛が「呉維漢は中国の法律に違反した。親族が外国人であっても別の処理方法を採ることは出来ない」と伝えた。

 RFAによると駐中国米国大使館の広報官は、呉氏に対する死刑執行に対し深い遺憾の意と不安を表した。また、呉維漢氏は中国政府が正式に判決を下す前に、得られるべき法律援助を得ることができていなかったと認識しているという。

 このことに対し中国労改基金会の執行主任である呉弘達氏は、呉氏の例は中国司法制度の欠陥を反映したものだと見ている。

 「呉氏の件は非常に重要な事例であり、中国は平和に発展しているようだが、こうした案件を処理する司法体系に多くの欠陥がある。実際、裁判官が決定するのではなく、党が判決を下している。中国の現行の法律には68の罪状があり、死刑判決もある。1949年から現在までのおよそ60年間、死刑執行数は公表されていない。これは恐らく全世界の風潮に相反する方向に向かっており、許されないことだ」

 北京の黎雄兵弁護士も中国司法の透明度問題についての見方を述べている。

 「中国は死刑執行に対し、執行過程中も含めた司法の透明度と司法の公開性方面が不十分だ。公開審判の透明性や死亡書の発行に情報封鎖問題が存在しているばかりではなく、基本的な死刑執行や死刑判決の登録も秘密にされているのが現状だ。この方面はさらに長い道のりが必要だ。死刑判決の審判、判決文書の公開も不十分な点が多い」

 オーストリア在住の生物科学者・呉維漢氏は2005年に北京で逮捕され、台湾のために情報収集したとして当局に起訴された。その中の機密漏えいという項目で呉氏は中国の高級官僚の健康に関する情報を台湾に伝えることが可能であるとされている。これに対し娘の陳然さんは、いわゆる軍事情報は中国の図書館の公開閲覧で全て得ることができる上、判決書に使用された“可能”の文字が当局の呉氏に対する起訴は確定性に欠けると考えている。

 
(翻訳・坂本)



 (08/12/01 06:38)  





■関連文章
  • 楊佳氏死刑執行同日、ネット全面的に情報封鎖=上海(08/11/28)
  • 米年次報告書:中国当局、対外スパイ活動を強化(08/11/23)
  • 陳水扁前台湾総統、機密費不正流用疑惑で逮捕(08/11/13)
  • 台湾メディア:中国国務院、政府関係者の台湾訪問を禁止(08/11/13)
  • 中国代表訪台:10万人抗議デモ隊、警察と衝突(08/11/07)
  • 中国の法輪功集団弾圧は、当然中止すべきだ=台湾民進党党首(08/11/07)
  • 中学生自殺が原因、官民衝突事件へ発展=中国江蘇省(08/10/27)
  • 北京市前副市長、巨額収賄罪で死刑判決(08/10/21)
  • 中国広東省肇慶市:田畑で建設工事強制執行、暴行される農民たち(08/10/17)
  • 上海市警官殺傷事件・控訴審:市民ら、再び警官隊と衝突(08/10/15)
  • 台湾で偽人民元札偽造グループ摘発、偽札発見器もすり抜け?(08/10/08)
  • 中国、対米軍事交流中止(08/10/08)
  • スカイプ中国合弁企業、チャット監視・記録(08/10/05)
  • CEATEC JAPAN 2008(08/10/04)
  • メラミン検出基準問題で、台湾衛生署署長辞職(08/09/28)