印刷版   

アムド(青海省海南チベット族自治州)貴南県ルツァン寺(魯倉寺)の僧侶100人以上が2月25日のチベット歴の新年に拉姆永増寝宮から貴南県間を歩く平和デモ活動を展開し、その後貴南県政府門前でキャンドルデモ集会を行った。彼らが伝える主要4項目は、①中国共産党政府に対しチベットの若者がその考え方や求めていることを表すこと②今年の平和デモ活動が昨年より大規模であることの証明③今回のデモ行進とキャンドル集会が全チベット人に捧げる贈り物であること④チベット問題の一日も早い解決への願い(VOT)

人権観察組織、観察職員の中国入り求める

 【大紀元日本3月3日】人権観察組織はこのほど、中国に対し独立観察員と記者のチベット調査許可およびチベットと中国間の緊張した関係の緩和、3月の政治的敏感時期における暴力事件発生の防止を呼びかけた。

 報道によると、ニューヨークの人権観察組織が2月26日、中国共産党がここ数カ月、明らかにチベット安全部隊を増員し、さらには国際メディアがチベットに入り自由な報道を行う事を制限していると発表したと伝えているという。

 中国共産党(中共)当局はさらに寺院を封鎖したうえ、思うままに人々を拘留し治安を強化、人々を脅している。ラサ当局は1月中旬にラサ市の臨時住民の登記を要求する新規定を発布。厳格に執行されているという。

 人権観察組織は、もし中共が独立観察員をチベット入りさせ調査を行う事を許可すればチベットと中国間の緊張した関係を緩和することができ、人々と安全部隊間の抑制を保持させ、チベットの政治的敏感月の暴力発生を回避させることができると伝えている。

 チベット亡命政府スポークスマンは、中共がすでにラサ市、チャムド(昌都)、リタン(里塘)などの大都市を含むチベットとその周辺の主要チベット地区の兵力部署を増やすことで安全防備し、3月中のチベット情勢の安定を確保していることを明らかにした。

 この他、インドのダラムサラにあるチベット人権民主センターも中国共産党が青海、甘粛、四川などのチベット族自治区において安全防備を強化し、さらに昨年の平和抗議活動に参与した一部の尼僧に刑罰を与えたという情報を明らかにした。

 
(翻訳・坂本)


 (09/03/03 07:18)  





■関連文章
  • 焼身抗議のチベット僧に警官が発砲=四川省(09/03/01)
  • 国際社会に訴え、北京繁華街で直訴者ら5千枚ビラ配り(09/03/01)
  • チベットなど7省地区で大雪、四川・チベットで雪崩発生(09/02/28)
  • 同化政策に反発、文化保護運動を起こすチベット人(09/02/27)
  • 中国四川省当局、抗議活動参加のチベット人21人逮捕(09/02/20)
  • 人権団体、ヒラリー米国務長官に対中人権問題の提起呼び掛ける(09/02/17)
  • 制限増すチベット地区、外国人の旅行禁じる(09/02/16)
  • 独立訴えたチベット人青年、腎臓破裂で死亡(09/01/30)
  • 渡米3年目中国大陸女性、神韻は中国人の誇り(09/01/21)
  • 神韻公演:「これまで見たことのない中国文化だ」(08/12/30)
  • いまだ続くチベット弾圧(08/12/27)
  • 中国:海外ウェブサイト封鎖、さらに強化(08/12/19)
  • EUに新変化、中国人権への支持強化(08/12/12)
  • ポーランド首相、ダライ・ラマとの会見に積極姿勢(08/12/01)
  • ダライラマ欧州訪問:中国当局、欧中サミット延期要求(08/11/28)