印刷版   

火星の表面に現れた入れ墨模様(写真:NASA)

火星表面に現れた入れ墨模様

 【大紀元日本10月31日】

 アメリカ航空宇宙局(NASA)は26日、火星表面に縦横に広がる入れ墨模様の写真を発表した。

 この写真は、火星の周囲軌道を航行している火星探査機「マーズ・リコネサンス・オービター(Mars Reconnaissance Orbiter, MRO)」に搭載された高解像度科学実験カメラ(HiRISE)が撮影したもの。科学者らは、肌色の火星砂丘に現れたこの「入れ墨」は火星で起きる小さな旋風(ダスト・デビル)が残したものとみている。

 火星のダスト・デビルは、地球上で起きる砂嵐と同様、気温の高い乾燥した砂漠地区によく現れる現象。地面の高温により空気が上昇し、上方の冷たい空気が下降して、垂直な対流ができる。水平に移動する風がその対流にぶつかり、ダストの渦巻きを形成する。写真の模様は渦巻きが火星表面を移動する過程で、柔らかい埃を巻き上げた跡だという。

 わずか数分しか持続しないダスト・デビルは、宇宙船に影響を及ぼすことはなく、逆に、火星探査機の表面の埃を吹き飛ばしてくれるため、探査機表面の太陽光発電の効率向上に一役買ってくれているそうだ。

(翻訳編集・豊山)


 (09/10/31 05:00)  





■関連文章
  • 地球温暖化は太陽の活動周期によるもの、人為的ではない?=NASA発表(09/06/26)
  • NASA公開写真、2008年『地球カレンダー』(08/12/30)
  • 中国「神舟7号」:宇宙遊泳映像に疑惑、水中撮影の可能性(08/10/05)
  • 米国在住中国人、スパイ容疑で逮捕(08/10/02)
  • 明日、中国で皆既日食(08/07/31)
  • 宇宙人が何度も地球に!?米国宇宙飛行士の衝撃告白(08/07/29)
  • NASA、皆既食のめずらしい写真公開(08/05/09)
  • ヴァージン・グループ会長、来年就航目指す宇宙船のモデルを発表(08/01/24)
  • 自然の造形美、NASAが撮影した地球の画像(07/12/03)
  • NASA、彗星のように尾を引く恒星を発見(07/08/24)
  • 4個の巨大銀河が衝突・合体、NASAが撮影に成功(07/08/12)
  • 米スペースシャトル「エンデバー」打ち上げに成功(07/08/09)
  • 米シャトル「アトランティス」、無事に帰還(07/06/23)
  • 米シャトル「アトランティス」、帰還に向けISSを離脱(07/06/21)
  • 米シャトル「アトランティス」、打ち上げ成功(07/06/09)