印刷版   

恐竜絶滅の原因は巨大隕石の衝突(Oil Scarff/Getty Images)

恐竜絶滅は巨大隕石の衝突が原因 絶滅論争に終止符か

 【大紀元日本3月7日】約6千550万年前の白亜紀末に恐竜などの生物が大量絶滅したのは、巨大な隕石が地球に衝突して起きた環境変動によるものだと、日本の東北大を含む12カ国の研究機関による国際チームが、5日付の米科学誌『サイエンス』で発表した。

 絶滅の原因については、これまでも隕石衝突説が有力視されていたが、複数の地球外天体衝突説や巨大火山噴火説などもあり、論争になっていた。

 今回の研究では、地質学や古生物学、惑星科学など各分野の専門家41人が集結し、世界350カ所の白亜紀末の地層や、クレーターなどについて詳細に分析を行った。同チームの分析によると、約6千550万年前、直径約10~15キロの隕石が秒速20キロで現在のメキシコ・ユカタン半島に衝突し、広島型原爆の約10億倍に相当するエネルギーが、大気中に大量のちりを飛ばし、飛散したちりが太陽光を遮断し、地球上は寒冷化した。結果、光合成を行う植物などが死滅し、恐竜などの動物も絶滅に追い込まれたと研究チームが結論付けた。

 同チームは他の説についての検証も行ったが、合理的に絶滅を説明できるのは隕石衝突による環境変動説のみで、他の説は「否定された」結果となった。

 

 チームに参加した後藤和久・東北大助教(地質学)は「今回の発表は多分野の研究者が共同研究した成果であり、恐竜絶滅の論争に終止符を打つだろう」と話している。

(翻訳編集・心明)


 (10/03/07 05:00)  





■関連文章
  • 1億年前の恐竜の足跡、3千個以上発見=中国山東省(10/02/15)
  • 1億9千700万年前の恐竜の化石 南アフリカで発見(09/11/23)
  • ペルーの石:恐竜と共存する古代人の謎(09/11/13)
  • 1千種以上の淡水魚、絶滅の危機に=IUCN発表(09/11/06)
  • トラ生息数激減 保護目指す国際会議=ネパール(09/11/03)
  • 揚子江の女神、ヨウスコウカワイルカの絶滅(09/09/21)
  • 1億5千年前のイカの化石から墨袋 =英国(09/08/24)
  • 【バンクーバー通信】モールに恐竜が出現(09/08/12)
  • 軍人7万人がチベットに進駐、専門家は中共を非難(09/03/19)
  • 山東省の恐竜化石群、世界最大規模に(09/01/03)
  • 汚水垂れ流し、海洋生物が絶滅の危機=中国広東省(08/09/08)
  • 世界8分の1の鳥類 絶滅の危機に直面(08/05/21)
  • カナダ・ホッキョクグマ絶滅の危機に直面(08/04/22)
  • 中国湖北省:ダム下流で絶滅危惧種植物が発見される(08/03/01)
  • 全世界サンゴ礁、2050年には絶滅か(08/02/10)