印刷版   

現代科学による宇宙の研究は、基本的に重力理論に基づいている(撮影/大紀元・連震黎)

重力は存在しない=オランダ物理学者

 【大紀元日本10月7日】オランダのアムステルダム大学理論物理学院のエリック・ベルリンド(Erik Verlinde)教授はこのほど、「重力は存在しない」という学説を発表した。重力が単なる熱力学の法則の必然の結果だというベルリンド教授の主張は、科学300年来の理論を覆し、多くの物理学者たちの反響を呼んでいる。7月12日付けのニューヨークタイムズ紙が伝えた。

 通常、素粒子物理学では自然界には4つの力(強い力、弱い力、電磁気力、重力)が存在し、重力はその基本的な力の一つとされている。しかし同教授はこれを誤った見方と指摘し、重力はもっと自然的な現象で、例えば、株式市場が個々の投資家の集団行動から作られることや、ゴムがもつ弾性が原子の力学から現れるようなものだと説明した。

 理論の核心は熱力学的なエントロピー(状態の雑然さ、すなわち自由度の多さ)と関連している。ベルリンド教授は、自然にカールする髪の毛を例にしてこう解説している。多湿な環境で髪の毛が縮むのは、真っ直ぐになるよりも縮むほうが多くの状態(自由度)を持っているからである。従って、縮んだ髪の毛を真っすぐにするには力を必要とする。重力は、エントロピーを最大限にしようとするという熱力学の法則の副産物に過ぎず、自然の傾向だと教授は主張する。

 重力は存在しない、という理論は物理学者の間で大変な反響があった。ハーバード大学弦理論学者アンドリュー・ストロミンガー(Andrew Strominger)氏は、「この理論は極めて正確であることは我々も知っている。とても興味深い理論だ」 と述べた。

 現代科学は、宇宙研究において重力理論が基本となっている。しかし重力が存在しないのであれば、銀河系や宇宙構造に対する認識も必然的に誤っていることになる。天文学者は、はるか遠くにある天体の運動を重力理論では説明できないから、限りなく強い重力をもつ「ブラックホール」理論を導入せざるを得ないのかも知れない。事実、「ブラックホールは存在しない」と唱える物理学者もいる。

 新理論は、科学者らの宇宙に対する全く新しい認識への追求を促している。

  (翻訳編集・豊山)


 (10/10/07 07:00)  





■キーワード
重力  ニュートン  エントロピー  銀河系  宇宙  万有引力  相対性理論  


■関連文章
  • 宇宙には人類以外の生命体が存在する?=英UFO専門家(10/08/30)
  • 超スピードの青い星 銀河系から遠ざかる=NASA観測(10/08/12)
  • <今日は何の日?>8月11日 気象衛星「ひまわり2号」打ち上げ(10/08/11)
  • 2週間にUFO目撃談9件 中国研究者「来年と再来年は当たり年」(10/08/03)
  • 【フォトニュース】「宇宙語」ガイド始まる=オーストラリア世界遺産の洞窟で(10/07/31)
  • 飛べるのに、 なぜそうしない?(10/07/24)
  • 新彊でUFO 中国人天文学者、米ミサイル説を否定 「歴史上UFOは実在」(10/07/15)
  • 【フォトニュース】1400年ぶり、モアイも眺める皆既日食=イースター島(10/07/13)
  • 【フォトニュース】山崎直子・宇宙飛行士が日米大学生と交流 「宇宙開発の道目指してほしい」(10/07/01)
  • 晩年の恒星が形成した巨大星雲=NASA(10/06/26)
  • 宇宙に浮かぶゴミ 地球の通信系統が危ない(10/06/11)
  • 恒星の爆発、「宇宙の銃弾」が発射(10/06/09)
  • 銀河系で大量の新星が誕生=NASA(10/06/08)
  • UFOが活動中?=オーストラリア(10/06/01)
  • 【フォトニュース】星が星を「飲み込む」=ハッブル撮影(10/05/27)