THE EPOCH TIMES

頻発する暴動、激しさ増す抗争手段 中国、社会対立が一層激化

2011年06月16日 08時21分
 【大紀元日本6月16日】6月に入ってから、中国各地で大規模な暴動が相次いでいる。1日、広東省潮州市近郊で起きた賃金不払いをめぐる傷害事件で1万人の出稼ぎ労働者が抗議活動に参加した。そして10日、広州市郊外の新塘鎮では露天商への横暴な取り締まりが発端で出稼ぎ労働者1万人が参加する暴動事件に発展した。さらに12日と13日、河南省鄭州市と湖南省長沙市で土地の強制収用に反発した農民が公務執行者と激しく衝突した。

 これらの事件の起因はそれぞれ違うが、事件の主役はいずれも出稼ぎ労働者や農民など社会の貧困層に属する人たち。長年にわたり格安の労働力として中国の経済を支えてきたが、社会の最下層で不公平を強いられてきた労働者の不満がついに爆発したようだ。彼らの抗争手段は激しさを増していく一方で、政府もその制圧にたびたび軍隊を出動させ、対応はますます高圧的になっている。「社会の対立が一層激化した」と専門家は見ており、中国の官民闘争は新たな段階に入ったと言える。

 出稼ぎ労働者が強いられる理不尽の数々

 「殴ったのはお前らが出稼ぎの田舎もんだから!」-広州市郊外で起きた暴動事件で、取り締まりに当たった当局保安員は露天商を営む妊婦の女性を殴りながら、こう叫んだという。この暴言が同省人の出稼ぎ者らの義憤を募り、日頃から現地住民に見下されて溜まっていた屈辱感がマグマのように噴き出した。

 彼らは現地社会との貧富の格差が大きく、医療、就業、住宅などいかなる保障も受けられず、「汚い、くさい、教養がない」と現地住民から軽蔑されている。戸籍がないため、子供を学校に入れるのもバイクのナンバープレートを購入するのも現地住民より高い費用を支払わされる。不満を当局に訴えても、現地社会で何の人脈もない彼らに耳を傾ける人はいない。いくら働いても、不遇を我慢しても、ピラミットの最底辺にいる運命を変えられず、彼らは社会から無視され続けている。

 暴動参加者はほとんどが事件と直接関係のない人で、彼らに具体的な訴えはない。ちょっとしたきっかけで、社会への不満が彼らを暴動に駆り立て、権力の象徴である庁舎や警察車両にうっ憤をぶつける。

 米中国語ニュースサイト・博訊網によると、中央政府は広州市郊外の新塘鎮の事態を重く見ており、徹底的に制圧するよう命じているという。「ほかの暴動とは性質が違う。流動人口の多い地域のため、暴動が蔓延すると、事態を制御できなくなる」とある上層部メンバーが話す。広東省には出稼ぎ労働者が2000万人いると言われている。

 激しさを増す抗争手段

 数年前までは、政府庁舎前で跪(ひざまず)いて問題解決を懇願する陳情活動が多く見られた。その後、焼身自殺など死をもっての抗争にヒートアップ。しかし、跪こうが自殺しようが、当局者は彼らの境遇に同情することはなかった。死んでも無駄だと悟った彼らは「命を失っても、皇帝を引きずりおろす」という考えに変わり、政府の人間を道連れにしようと爆発事件を起こしたりなど、抗争手段はエスカレートし始めている。

 米紙ワシントンポストは、毎日のように起きている暴動について、これまで農村で多発していた暴動が都市部でも繰り広げられ、政府庁舎を攻撃するなど過激な行動を真似する人がこれから出てくるだろうと危惧している。英BBCによると、中国で毎年18万件の暴動が起きているという。

 四川省在住の市民活動家・黄_qii_氏は一連の事件について、こう指摘した。

 「市民は日頃、不満を解決するルートがなく、ちょっとしたきっかけで大きな暴動へと発展するのがすでに一つのパターンとなった。政府は高圧的な手段で今回の暴動を抑えられたが、インターネットが普及している今、市民は政府の対応にますます憎悪の念を抱くようになる。高圧的な弾圧はさらに大きな暴動を誘発するに違いない」

 中国最高人民法院の張軍副院長は12日、国と社会を極端に敵視する者に対して、「死刑判決および即執行も辞さない」と語気を荒げて述べた。このヒステリックな発言はまさに当局者の不安な心情を表している。暴動に参加する人はすでに死を恐れていない。沸点に達しようとする人々の不満はもはや解消できない段階まで来ていると当局者に分かっているからだ。

(高遠)


関連キーワード
^