北朝鮮が安保理決議を全面拒否、ミサイル発射継続を表明

2006年07月16日 09時00分
 北朝鮮の朴吉淵国連大使は15日、国連安全保障理事会が同国のミサイル発射に対して全会一致で採択した決議を「全面拒否する」と表明、「こうした状況下でミサイル発射を中止する必要はない」として今後も発射を続ける姿勢を示した。

 同大使は、国連決議には同国を孤立させ、圧力をかけるという「見下げ果てた目的」があるとし、「自衛のために行っているミサイル発射が地域に緊張をもたらし、対話を阻害しているというのは、こじつけの言いがかりであり、現実をひどく歪曲している」と非難。「(同国による)ミサイル開発、発射実験や製造は北東アジアにおける力の均衡を維持し、平和と安定を確保するためのカギである」として、ミサイル発射の継続を表明した。

 これに対し、米国のボルトン国連大使は「きょうは歴史的な一日だ。安保理が全会一致で今回の決議を採択したと同時に、それに対して北朝鮮がわずか45分後に拒否するという最速の世界記録を作ったからだ」と、皮肉をこめて北朝鮮の対応を批判。ロシアのチュルキン国連大使は、北朝鮮の反応は予想どおりとし、「国連決議の内容を変えるものではなく、安保理の結束に変化をもたらすものでもない」と語った。

[ロイター15日=国連]
 
関連キーワード
^