人権団体:中共による弁護士弾圧を停止させよう

2006/08/26 08:41
 【大紀元日本8月26日】国際NGO人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチ(Human Rights Watch))は8月23日、人権擁護および司法の欠陥を指摘する中国人弁護士たちが、政府から圧力を受けていると発表した。同組織は、中国の中央政府に対し、人権派弁護士たちが最近受けた嫌がらせ、拘束および暴行事件に対して説明すべきであり、同事件への介入を怠ったことを強く非難した。また、アムネスティ・インターナショナルは8月22日、各国政府が中共政権に対し、逮捕された人権派弁護士・高智晟氏の釈放と、同氏の家族の人権と自由の保障を中共政権に要求していくよう呼びかけた。

 ヒューマン・ライツ・ウォッチのアジア支部副主任ソフィー・リチャードソン氏は、今のところ、中共中央政権が弁護士たちを襲撃するよう指示したのか、放任しているのかまたは無視しているだけなのか不明だと述べ、中共当局は法律を守り、弁護士に対する非合法な迫害を制止すべきであると語った。

 官僚らの特権濫用による被害者を支援してきた高智晟弁護士は2005年、法律事務所を強制的に閉鎖された。高弁護士は更に、今年に入り、「違法な活動に関与した」として拘束された。

 8月18日、公共物を故意に破壊し、大勢を扇動して交通妨害を起こしたとして起訴された全盲の人権派弁護士・陳光誠氏の裁判が行われたが、陳氏側の弁護士2人は公安から殴打され、拘束されたため審議に参加することができなかった。19日の報道によると、弁護士の1人・楊在新氏は広西省へ強制送還されたが、いまだに帰っていないという。

 中国では過去数年間において、特に農村地区で抗議事件が多発し、一部の地区では、武装警察による暴力的な鎮圧も起きている。中共指導者たちは、多くの抗議活動の要因が、それぞれの地元政府による職権濫用であると認めており、民衆が法的手段で訴えることを容易にすることを約束している。しかし、抑圧的な方法はなくなっていない。

 ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、このような弁護士に対する虐待は、国際法および法治を厳守するという中国の声明に反することになる。中国憲法および国内法は、全ての人が暴力・恐喝・報復・理論上または実質上の差別・圧力またはその他の任意の行動を受けない権利を保証している。また、「世界人権宣言」は全ての人が公平な裁判を受ける権利があると定めている。さらに、「民事および政治権利国際公約」でも同様に保証されている。中共は1998年に同公約に署名したが、いまだに批准していない。

 ヒューマン・ライツ・ウォッチは中共当局に対して、高智晟氏を解放し、陳光誠氏の裁判を無効とし、弁護士たちが恐喝や妨害を受けずに職責履行できることを保証するよう呼びかけた。彼らは、「弁護士の役割に関する国連基本原則」の保護を受ける権利がある。

 リチャードソン氏は、「中国の弁護士に対して、特別な扱いは必要ない。しかし、彼らは司法システムの中で重要な役割を担っており、自由に働けることが必要だ」と述べ、「弁護士たちが正義を獲得できなければ、民衆に何の希望があるのか」と語った。

 一方、アムネスティ・インターナショナルは、中共政権に逮捕された高智晟・弁護士を救援するために、以下の呼びかけを緊急に公表した。

 我々は、以下の行動を起こすよう提議する。英語または母国語であなたの声を発してください。

 ○中共政権に対し、高智晟氏の行方を公表すること、及び同氏を釈放することを要求する。高氏が公認の刑事犯罪者であると立証できた場合を除く。

 ○中共政権に対し、高智晟氏が拘束されている間、拷問や、虐待を受けないこと、および同氏が弁護士や家族と面会できること、いかなる必要な医療行為を受けられることを保証することを要求する。

 ○自宅に軟禁されている高智晟氏の家族や親戚について、中共政権は彼らの自由を保証し、すべての制限を解除することを要求する。

 ○中共政権に、高智晟氏が勾留や、拷問、虐待、その他の人権侵害を受けることなく、平和かつ合法的な活動に参加できることを保証することを要求する。

 以下の中共指導者や貴国に駐在する外交代表に呼びかけて下さい。

 中国国務院総理・温家宝

 9 Xihuangcheng Genbeijie,Beijing 100032,China

 FAX: + 86 10 65961109 または2260

 メール: gazette@mail.gov.cn

 司法部長・呉愛英

 10 Chaoyangmen Nandajie, Chaoyangqu,Beijing 100020,China

 FAX: + 86 10 65292345

 メール: minister@legalinfo.gov.cn

 公安部長・周永康

 14 Dongchanganjie,Beijing 100741,China

 FAX: + 86 10 63099216 (あまり繋がらないが、掛けて下さい)

 北京市公安局長・馬振川

 9 Qianmen Dongdajie, Dongchengqu,Beijing 100740,China

 メール: 110@bjgaj.gov.cn

関連記事
注目記事
^