印刷版   

イランがロケット発射実験、調査衛星打ち上げに向け=国営TV

[テヘラン 4日 ロイター] 国営テレビの報道によると、イランは4日、ロケットの打ち上げ実験を行った。このロケットはイランが今後1年に予定している初の自国製の調査衛星を軌道上に載せるためのもので、イランの核計画をめぐる欧米諸国の懸念が強まる可能性がある。

 国営テレビはロケット打ち上げの模様は放映しなかった。衛星はイラン年で来年(08年4月─09年3月)に打ち上げ予定と伝えている。

 イランのアハマディネジャド大統領は、ロケット発射前の式典で「われわれは宇宙で影響力を持つ必要がある」と強調。「イランは最初の一歩を力強く踏み出した。衛星の打ち上げは重要な成果だ」としている。

 (08/02/05 03:59)  





■関連文章
  • 【コメディー】環境問題(08/01/05)
  • 米報告「イランの核兵器プロジェクト停止」、その真意(07/12/14)
  • イランへの国連追加制裁協議、中国当局の欠席により中止(07/11/19)
  • 7カ国軍関係者らUFO目撃証言、米政府に真相究明促す=米ワシントン(07/11/17)
  • 世界最大の絨毯、イマーム広場で披露(07/10/05)
  • 中国当局、昨年5千人処刑(07/09/03)
  • イランとIAEA、対立点解消へ透明性はかることで合意(07/08/22)
  • 中国、イラクに武器提供=米紙(07/07/30)
  • イランは核関連活動を停止せず=アハマディネジャド大統領(07/07/26)
  • イランテロ分子、イラクに武器密輸出、中国製ミサイルも=米軍(07/07/25)
  • イラン高官、核の「一時停止」案を拒否=イラン国営通信(07/07/05)
  • 米ロ首脳会談、ミサイル防衛やイラン核問題を協議(07/07/03)
  • イラン、核問題解決に向けIAEA代表団招請する意向を示す(07/06/26)
  • イランとの核問題協議、建設的な内容=ソラナEU上級代表(07/06/25)
  • IMF、為替政策の監視基準を強化(07/06/19)