印刷版   

手足口病感染急増、男児1人死亡=中国安徽省

 【大紀元日本1月25日】中国安徽省利辛県で手足口病(腸道EV71ウイルス)に感染した男児(1歳5か月)が死亡したことが、同省衛生庁の報告でこのほど明らかになった。今年1月に入ってから、安徽省亳州、阜陽等地区ですでに10人が手足口病に感染していることから、当局はこの病気の検査測定報告および予防治療を強化するよう緊急通知をした。

 1月20日、安徽省衛生庁は阜陽市衛生局より、亳州市利辛県で手足口病に似た患者が第二人民医院へ移動中に死亡した報告を受けてから、現場状況を把握するために、専門チームを派遣した。

 調査によると、男児は2日間発熱し、両手および臀部に発疹し、1日中嘔吐したことから1月18日夜、利辛県人民医院を訪ねて即入院した。

 医師は男児に抗感染およびアンチウイルスを与え救急措置を取り治療したが、翌日早朝、男児の病状が悪化し、別の病院へ移動中に呼吸および心拍停止し、阜陽市第二人民医院で救急措置を施したが死亡した。

 一方、18日夜の診査時間が短かったために、男児から手足口病ウイルスのサンプリングおよび検査は行わなかった。専門家チームは男児の死亡原因が神経性肺水腫、肺出血であることから、手足口病の臨床診断に符合しているとの見解を示した。

 利辛県衛生局関係者は死亡した男児の在住地区に対して流行病学調査を行い、死者と接した4人の乳幼児を隔離した。また、利辛県人民医院は手足口病の患者のために専用通路および手足口病専門病棟を設け、患者の診査に便宜を提供し、交差感染を防ぐための措置を取った。

 今年1月だけで、安徽省阜陽市第二人民医院からすでに15の手足口病の症例が出ており、その内の13人の患者は亳州市利辛県からである。今のところ、これら患者の命に別状はない。

 
(翻訳編集・余靜)


 (09/01/25 07:34)  





■関連文章
  • 中国:鳥インフル感染2人目死亡(09/01/20)
  • エジプト女児、鳥インフルに感染(09/01/14)
  • 中国北方の鳥インフル感染、リスク増大を懸念=香港大学専門家(09/01/11)
  • 北京:鳥インフル感染で女性死亡(09/01/09)
  • 有毒粉ミルク被害者家族らがHP立ち上げ、提訴する構え崩さず(08/12/21)
  • 中国当局が鳥インフル感染情報を隠蔽、市場に流出する感染鶏(08/12/18)
  • 香港で鳥インフル再発、ウイルス変異か(08/12/16)
  • 中国:エイズ感染者が26万人超へ(08/12/04)
  • 中国有毒粉ミルク、被害乳幼児29万人=中国衛生部(08/12/03)
  • 米製造粉ミルクから微量メラミン=FDA(08/11/27)
  • 【本との話】小川未明~人魚の逆鱗~(08/11/17)
  • 中国有毒粉ミルク事件訴訟、政府関与で全件不受理(08/11/06)
  • 北京:有毒粉ミルク食用した乳幼児、調査対象全数の25%(08/10/28)
  • 手足口病流行で乳児3人が死亡=福建省(08/10/23)
  • 大学病院で院内感染 乳児8人死亡=陝西省西安市(08/10/19)