神秘なる卍符 どんな秘密が隠されているのか

2017/04/09 06:00

 卍符は、吉祥如意(思うとおりに事が運ぶ)を意味するという人や、佛教のシンボルだとする人がいる。ドイツのナチスと関連づける人も少なくない。卍符の由来は 一体何なのだろう。歴史の残片から真実を知ることができるかもしれない。

 多元文化で栄える現代生活には、私たちの周囲に各種の標識、符号が満ちあふれている。中でも卍符は、人々に熟知されているシンボルだと言える。卍符には、社会の東西で異なる反応があるようだ。

 台北の街頭で通りすがりの人に卍符の印象を尋ねるとした場合、 次のような回答が予想できる。「佛教の卍符」「健康を意味する菜食の標識」(菜食料理屋の女将)、「佛法のシンボル」(僧侶)「卍符、分かりません…不滅を代表するのかな」(学生)。確かに、東洋社会では多数の人が卍符を宗教と関連づけ、宗教を代表するために考案された簡素な符号として認識している。

 西洋社会では、卍符は人々に暗黒で残忍な歴史を思い起こさせる。「ヒトラー!」「ドイツのナチスを代表するから、私はこの符号を使うことに賛成しません…」あるフランスの聖職者は「極めて右翼のものでしょう」と言う。

 しかし、考証によると、卍符は大昔から頻繁に、さまざまな地区で人類の生活の中で現れていた。これが事実とすれば、 卍符は一般の宗教の認識を超えるものであり、ナチスや反ユダヤのシンボルとは無関係であることが分かる。

 私たちはどのようにこの神秘なる符号を解釈すべきだろうか。卍符には、未だに人類に認識されていない奥秘が潜んでいるのだろうか。

 

香港大嶼山(ランタオ島)の大仏

 

インド人の敷居の上にある神佛と卍符。好運をもたらすとされている(Marcika/ウィキペディア)

 

異なる形式の卍符(http://swastika-info.com)

 

卍符は佛教特有のシンボルではない

 東洋人は卍符に対して馴染み深い。インドでは、「swastika」と呼ばれ、中国語では、「万」と発音され、「卍符」とも呼ばれる。日本語では「まんじ」と読む。佛教が伝播するにつれ、卍符はアジア諸国に普及していった。このため、多くの人は卍符がインドの佛教に由来すると考えがちだ。

 インドの梵語(ぼんご)では 、「SVASTIKAH」は「Su」と「Asati」の二文字から成り、「吉祥幸運」を指す。また、「SVASTIKAH」の前半部の「SVASTI-」も二つの部分に分けられ、「SU」は「美好、幸福」を表し、「ASTI」は「肯定」を表す。「ASTICAH」は「存在、生命」を意味する。 これらが、インドで「吉祥、幸運」を代表する背景だ。

 

古代のインド・ジャイナ教では、卍符は第7人目の聖人を代表する。通常手の形の図案と合わせて使われる。

 

 佛教では、「卍符は佛の三十二の大人相の一つであり、佛の胸の前にある」と認識している。一部の経書には、卍符は佛の髪の毛、腰、甚だしくは手、足にも現れるとあり、佛教の卍符は佛を代表しているという。卍符は佛教の儀式や廟の装飾にも広く使われている。しかし、卍符は佛教特有のシンボルではなく、ヒンドゥー教やジャイナ教でも使用されている。古代のジャイナ教では 、卍符は第7人目の聖人を代表し、通常手の形の図案と合わせて使われた。卍符の四つの「腕」は、 輪廻の中の四つの再生の地「天国、世間、動植物、地獄」の存在を、信者に戒める。

 インド人は卍符を本や帳簿のトップページ、玄関の入り口や供物の上に置き、神の保護や幸運がもたらされることを望む。

 また、卍符はチベットの原始宗教の中にも存在していた。例えば、佛教が導入される前にすでに存在していたボン教(Bon Religion)の中にも見られたという。

 卍符の回転方向についても、いろいろな説がある。「右へ回転する卍符は『父なる神の力』を代表し、左へ回転する卍は『母なる神の力』を代表する」という説や、「右へ回転する卍符は『生命の力量』を代表し、左へ回転する卍符は『破壊や邪悪の力量』を代表する」という説もある。両方向に回転する卍符が世界各地で存在しており、 解釈は様々だ。

インド・ヨーロッパ語族の文化の印

関連特集

編集部からのおすすめ
新着記事
^