豪州政府、中国汚職犯罪容疑者の10億ドル資産凍結へ=中国国内メディア

2014年10月27日 19時53分
【大紀元日本10月27日】中国国内複数のメディアは26日、数週間の内にオーストラリア当局は中国政府に指名手配されている同国に潜伏中の重要経済犯罪容疑者7人の計約10億ドルの資産を凍結する予定と報じた。今年7月からの「狐狩猟行動」という中国側の捜査活動の一部分だとしている。

 報道で、捜査活動は一部欧米国家の政府と警察当局の協力を得ている、と伝えた。

 豪州政府と中国政府は犯罪人引渡し条約を結んでいないが、報道は、豪州政府が中国側に協力する意向を示したとしている。同国潜伏中の中国政府元幹部の一部はすでに帰化しているが、汚職金の一部を押収できたとも報じた。

 「2002年からの10年間、およそ1兆ドル(約108兆円)の違法資金が外国に持ち出された」と報道は指摘した。

 これらの報道を受け、曽慶紅元国家副主席の息子で豪州に移民した曽偉氏の汚職問題への関心が再び高まった。

 2008年、曽偉氏はシドニー東部で、同国史上2位の販売価格とされる3240万オーストラリアドル(約31億円)の豪邸を購入した。さらに500万オーストラリアドル(約4.8億円)をかけてリフォームをしようとしたが、オーストラリア当局の許可が下りなかった。当時、オーストラリアの主要メディアが相次ぎ報道するなど、時の話題となった中、「実質上のマネー・ロンダリングだ」と指摘する声も上がった。

 アメリカ、カナダ、オーストラリアは中国の汚職犯罪者にもっとも人気のある逃亡先だとされている。

 豪州政府は「帰化した人に対しても捜査の手を緩めない」と表明したという。

(翻訳編集・叶子)


関連キーワード
^