外見満足度、メキシコ人が最高 日本人が最低=ドイツ調査社

2015年06月01日 18時27分
【大紀元日本6月1日】自己の外見に対する満足度について、メキシコ人が最も高く、日本人が最も低いことがドイツの市場調査会社GFKがこのほど行った「世界外見満足度」アンケート調査で分かった。ドイツ週刊誌フォークス(Focus)が5月31日報じた。

 この調査は世界22カ国、男女約2.7万人(15歳以上)を対象に対面またはインターネットにより実施された。回答者は満足度5段階(「非常に満足」、「やや満足」、「どちらとも言えない」、「やや不満」、「非常に不満」)で、自分自身の外見を評価する。

 調査結果によると、自分の外見に「非常に満足」と「やや満足」を答えた満足層が55%に達した。不満層について、「やや不満」が16%を占め、「非常に不満」はわずか3%にとどまっている。性別でみると男女の差がそれほど大きくない。

 年齢別では若いほど外見に厳しい目を向ける傾向がある。15~19歳の「不満」の割合が16%で最も高く、20~59歳は12%に低下し、60以上は9%となっている。

 国・地域別では、南米諸国は自分の外見に最も自信を持っている。メキシコ人の満足度が74%でトップに輝き、トルコ、ブラジル、ウクライナと続いた。

 アジア人は比較的に自分の見た目や魅力に自信を持っていない。日本人は26%が「非常に満足」または「やや満足」を答え、最低を記録した。韓国(34%)はワースト2、香港は38%でワースト3となった。中国は54%だった。

(翻訳編集・王君宜)


関連キーワード
^