修煉者に対する迫害を停止、そして中国人民の関係改善のために

高智晟より胡錦濤主席及び温家宝首相宛の公開状

2005年11月23日 20時59分

人権弁護士として名高い高智晟弁護士は2005年10月18日、中国共産党総書記の胡錦涛氏と首相の温家宝氏宛てに、嘆願書を進呈した。これには、大量で詳細な調査材料が示され、中国当局による法輪功の集団迫害は、すでに国家と全民族に対する迫害と化していることを指摘した。

 中国で1999年7月20日から始まった法輪功学習者に対する迫害は、今もなお続いている。法治の体裁だけは備えているものの、共産党政権にとって無益なものはすべて恣意に弾圧を加えられる。特に、法輪功学習者のために提起された正当な訴訟に対し、従来遵守しなければならない法の適正手続も思うままに蹂躙されている。

 そのため今の中国では「法輪功」はすでに触れてはならないものになっており、学習者らの権利を擁護する者であれば身に覚えのない罪名を着せられるため、大多数の法曹関係者たちはその迫害を見て見ぬふりをした。こうした状況下であっても、祖国を憂い、虐げられた民衆を救い、自分の危険も顧みず、保障されるべき権利を最後まで擁護する正義の法律家もいる。

 高智晟弁護士はその代表だ。実際法輪功の権益を擁護した高弁護士は共産党政権に脅迫され、事務所が閉鎖に追い込まれた。さらに、個人の安全も保障されなくなったにもかかわらず、なお人々の心の中に残る良心に呼びかけている。

 以下は、高智晟弁護士が胡錦濤主席及び温家宝首相に宛てた公開状。一部、読みやすさのために小見出しをつけたが、高氏によるものではなく、弊紙編集による。また、本文中の注釈は記事最終ページにある。

関連キーワード

関連特集

^