香港紙:中共党内、次期交代の権力争奪戦が展開

2006/07/08 07:39
 【大紀元日本7月8日】香港「東方日報」5日付報道によると、来年秋に開催される中国共産党第十七回全国代表大会に向け、中共内部では各級党委員の次期交代の動きが始まっている。胡錦濤総書記が率いるグループが、党内の権力を固めるために大型人事変動は進めており、外界から強い関心を引き寄せているという。

  報道によると、今夏はここ2年ほど中止されていた中共指導層による北戴河会議が開催される予定。同会議では来年秋に開催される中国共産党第十七回全国大会に向けての人事が話し合われるものとみられる。

また、ここ2ヶ月間、陜西、重慶、チベット、新疆、甘粛および国家発展改正委員会、司法部等省級高官らの人事異動が行われたことから、平静な日常政務の裏で、第十七回全国大会における新しい省級幹部らの席取り合戦がすでに水面下で激しく進行しているという。

また、最近北京、天津地方の軍幹部が汚職容疑で失脚したことも、党内勢力の対決および折衷、妥協と無関係ではないだろう。

「東方日報」は、これまでの中共の歴史および体制の本質から見て、胡総書記による執政の最初の5年間は単なる引継ぎ、平衡時期および根回しの時期であり、「十七回全人代」と標識される今後5年間に、権力を固めるだろうと分析している。
関連記事
注目記事
^