印刷版   

カナダ初、肥満患者専門の救急車を導入

 カナダのアルバータ州カルガリーで21日、搬送される肥満患者の尊厳と安全を確保し、かつ救急隊員の負傷事故を防ぐため、特別な機器を搭載した専用救急車を同国で初めて導入することが分かった。

 「肥満対応チーム」と呼ばれる救急隊が対象とするのは、体重が181―453キロの患者。移動を円滑にする空気マットレスやリフトなど、3万カナダドル(約346万円)相当の改良が加えられた。

 カルガリーの緊急医療サービスで公教育を担当するポール・ラポワント氏は「(肥満患者の搬送で)スタッフが負傷する危険性は高い。患者の体格が大きいほどその可能性も高くなるのは当然だ」と説明。また患者の尊厳を守ることも重要であり、この救急車の導入により、患者をトラックで搬送するような事態が起こらないと述べた。

 1回の出動につき、4─6人の救急隊員が任務に当たる。同氏は、日本の110番に相当する緊急通報(911番)で患者の体重を聞く予定はないものの、申告をしなければ搬送時間や患者の生命に悪影響が出る恐れが非常に高いとの認識を示した。

 カナダ統計局によると、同国の国民のおよそ4人に1人が肥満という。

[トロント 21日 ロイター]

 (07/06/23 01:27)  





■関連文章
  • 中国人留学生スパイの実態=元中国外交官(07/06/22)
  • 宝くじ42億円当せんの男性、欲しいものはチェスゲーム(07/06/14)
  • APEC保健相会議の会場周辺、中国の臓器狩りの停止と調査を呼びかけ=豪州・法輪功(07/06/12)
  • 中国元外交官、中共政権に支配される海外華人団体名明かす=カナダ(07/06/09)
  • 肥満の人は筋力トレーニングの効果が出にくい=米研究(07/05/28)
  • 中国臓器狩り:死刑囚のほか、監禁されている人も臓器強制摘出=カナダ国際医師組織(07/05/28)
  • 東芝と加ノーテル、次世代無線高速通信の基地局開発で提携(07/05/18)
  • カナダ首相、法輪大法週間に祝賀状 (07/05/13)
  • 米医学界:中国臓器狩りに議論活発化(07/05/06)
  • 新唐人・世界中国舞踊大会、カナダで説明会開く(07/04/27)
  • カナダで世界最小の本出版、読むには電子顕微鏡が必要(07/04/13)
  • 欧州政界・メディア業界に衝撃、中国臓器狩りの黒幕=カナダ調査団(07/04/03)
  • カナダ前中国外交官家族、中国共産党の脱党声明を公開発表(07/04/01)
  • 米国:ペット・フードで犬猫大量死、中国由来輸入原料から有毒成分検出(07/03/27)
  • 英国の体重90キロの8歳児、施設入り見送り家族と生活へ(07/03/01)