美しい古城・鳳凰鎮、300年前にタイムスリップ=中国湖南省

2007年08月07日 00時00分
 【大紀元日本8月7日】中国湖南省吉首市鳳凰鎮は、沱江(だこう)のほとりに立ち、山々に囲まれた堅固な関所である。ここは、ミャオ(苗)族を主として少数民族が集まって住む古城で、かつてニュージーランドの作家ルイス・アイリ氏が、中国でもっとも美しい町と称え、日本のテレビでも、雲南の麗江古城と共に、世界でも有数の美しい古城として紹介されたことがある。

 鳳凰古城は清朝の康煕43年(1704年)に建設され、300年の風雨と世の変遷を経てきたが、今なお当時の美しい面影を留めている。古城の前をエメラルドグリーンの沱江が滔々と流れ、城内の建物も昔のままで、明清時代の古風を感じ取ることができる。住民たちは川沿いに住まいを構え、吊脚楼(高床式住居)が川べりに張り出している。反り返った軒先と屋根が清流に映え、波と共に揺れて、古城に独特な味わいと趣きをもたらしている。

 古城は目にするところ全てが美しく、訪れた人を魅了してやまない。山は高くないが雅やかであり、水は深くないが清く澄み、建物はバックの山々と前を流れる川面に映え、精巧かつ秀麗で、まるで絵画を見ているように美しい。東門の外を散策し虹橋にあがると、古色蒼然とした古い建物のほかに、東嶺から射す日差し、南華の山々の重なる緑、山寺の朝の鐘の音、龍潭のいさり火、まっすぐに聳え立つ奇峰、蘭の花の咲く小道、楼閣の足元に打ち返す波、橋の上にかかる月といった、いわゆる「鳳凰八景」を楽しむことができる。
川岸に停泊している小船(China Photos/Getty Images)


川沿いを歩く人(China Photos/Getty Images)


霧の中、橋を渡る人(China Photos/Getty Images)


川面に優雅に浮かぶ小船(China Photos/Getty Images)


関連キーワード
^