印刷版   

消費される地下水、1億人以上に影響か=インド北部

【大紀元日本8月17日】インド北部では過剰な水源使用で農作物の生産が危機にさらされているが、事態はさらに悪化し、今後1億1千万人の飲料水の確保が難しくなるのではないかと懸念されている。

 権威のある総合学術雑誌「ネイチャー」に掲載された、NASAの水門専門家マシュー・ロデル氏が共同執筆した研究報告によると、農作物の灌漑など人為的な活動を起因に、インド北部では地下水位が毎年少なくとも30cm下降。NASAの重力観測衛星「GRACE(Gravity Recovery and Climate Experiment)」が収集したデータから、インド北部のデリー、ハリヤーナ州、パンジャブ州、ラジャスタン州での地下水は02年からの6年間で109立方キロメートル消失していることが明らかになった。これは、米国最大の人工貯水池ミード湖の貯水量(約35立方キロメートル)のほぼ3倍にあたる。雨期などの補充では、もはや支えきれない速さの消失であると研究報告書は結んでいる。

 インド政府が、効果的な地下水制限措置を取らなければ、農作物の生産が止まり、深刻な飲用水不足をもたらすとロデル氏は指摘している。

 また同氏は、地下水の流失と人為的要因は密接に関連しているとして、灌漑用水を大量に必要とする稲作から、耐乾性のある作物の栽培に切り替えるか、効率的な灌漑方法を採用すべきと示唆している。

(翻訳編集・坂本)


 (09/08/17 15:57)  





■関連文章
  • 連日の猛暑、広範な干ばつと飲用水不足=湖南省(09/07/25)
  • 化学工場の違法操業、地下水汚染で住民に中毒症状=浙江省(09/07/23)
  • 中国陝西省:厳しさを増す干ばつ、34万人の飲用水不足(08/06/10)
  • 中国:物価急騰に警戒、農作物生産支援強化(08/04/03)
  • 北京五輪水不足解消プロジェクト急ピッチ、懸念されるその影響(08/03/04)
  • 米国のミツバチ大量死、穀類など農作物に影響のおそれ(08/02/15)
  • 中国5ヵ年環境保護計画、さらに厳しい局面に(07/12/11)
  • 8割以上の国民が飲み水に不安=中国(07/09/25)
  • 同じミネラルウォーターで、男性が喀血、鶏が死亡=中国海南島(07/09/11)
  • 世界気象機関(WMO):今年1月と4月、世界観測史上初の最温暖気候(07/08/25)
  • 台風「セーパット」一過、被災者458万人死者20人=中国南東部(07/08/22)
  • 韓国、北朝鮮の豪雨被害で緊急支援を今週実施(07/08/20)
  • 中国淮河流域:3度目の最高水位に、洪水で被害拡大(07/07/17)
  • 北京:ペットボトル飲料水の半数は水道水(07/07/12)
  • 中国湖南省:50年来の干ばつ、10万人が飲水困難(07/07/10)