不正に得たカネ 隠ぺい方法8つ 中国腐敗幹部

2014年05月29日 15時19分
【大紀元日本5月29日】賄賂、汚職、裏取引…中国で不正に私腹を肥やしている政府や共産党幹部たち。中国国内では、最近汚職疑惑で逮捕された警察当局高官が隠していた現金の束を数えるのに16台もの紙幣計数機を使用しなければならず、うち4台がこの1件で故障した、と伝えられている。

 彼らは山積みの札束に埋もれ贅沢三昧に明け暮れている、というわけではないようだ。腐敗幹部の多くは、盗まれるのが怖くて様々な方法でカネを隠したり処分したりしている。下記は隠ぺいされ、偶然発見された札束の行方の8例。

 1. 2000万元(約3億2千万円)が特殊油紙に包まれ、池に沈められる

 2. 10億元(160億円)のカネを貯蔵するための倉庫として不動産を購入する

 3. プラスチック製のくずで埋める

 4. 数十万元を田んぼに埋める

 5. カネを貯蔵するため、ガスタンクを購入し、中に貯蔵する

 6. プラスチック製の袋に包み、空洞のある樹の元へ隠す

 7. 屋根の瓦の下に敷き詰めて隠す

 8. 穴を掘り土の中に埋める

(翻訳編集・佐渡 道世)


関連キーワード
^