鳥インフルエンザ、世界経済に強い衝撃を与える可能性

2005年10月24日 21時38分
 【大紀元日本10月24日】]ロイター通信は21日、「1918年の『スペイン風邪』は5千万から1億人の死者を出した。1957年の『アジア風邪』で約2百万人が死亡、1968年の『香港風邪』で約百万人が命を失った、21世紀の今、世界的な伝染病が発生する可能性は十分に考えられ、ダメージは予想以上になる」と報じた。多くの専門家らは鳥インフルエンザが恐怖の人間キラーに変身しなくても、これから10年か20年の間に、伝染病が世界で勃発することは十分にあり得ると警戒を強めている。

 今年の5月中国の青海省で大量の渡り鳥が鳥インフルエンザに感染死したことが国際保健機構(WHO)の専門家に確認されて以来、中国国内の各地で同様な感染が相次ぎ発生し、WHOが感染地視察を要求したが、中国当局に拒否された。当初から関係者は「ウイルス保持の渡り鳥が秋になると、世界各地に飛び立つ、世界大流行に成りかねない」と警鐘を鳴らした、近頃ロシアや、イラン、トルコ、南欧などの各地で鳥インフルエンザが確認され、ウイルス検査の結果、中国青海省と同じH5N1であることが判明された。

 オランダ国際銀行(ING Bank)の経済学者ロブ・カーネル(Rob Carnell)氏は、「世界範囲で人間の伝染病が大流行する場合、全体損失を試算するのは困難だ、GDPは数割も下落するかも。ヨーロッパや日本のような経済発展速度が緩んだ地域では、過去10年の経済成果がすべて失われてしまう可能性すらある」と予期し、「2003年のSARS流行で、25ヶ国8千人が感染し、約775人が死亡した、アジア地区は約400億ドルの経済損失を出し、香港のGDPは2.6%下落し、カナダの旅行産業は20億カナダドルの損失を負い、2万8千人が失業した。しかし、未来の伝染病大流行に比べてみれば、SARSは大した危機ではない」と見解を示している。

 CNN21日の報道では、WHOの情報を引用した、「現時点で約118人が鳥インフルエンザに感染したことが確認され、すべてアジア地区に集中し、そのうち61人が死亡した」と報じた。経済にもダメージを与えた、2003年H5N7ウイルス(今回のH5N1より遥かに毒性が弱い)の鳥インフルエンザがオランダで発生し、約3千万羽の鳥が処分され、経済損失は5億ユーロに達した。1997年香港では18人がH5N1に感染し、そのうち6人が死亡した、そのため香港政府は1千5百万羽の家禽類を処分した。ある情報筋によると、香港の衛生局局長・周一岳氏は、「万一、鳥インフルエンザの人から人への伝染が確認されたら、中国本土との境界線を封じる可能性はある」と語ったという。

 (記者・リテイ)


関連キーワード

関連特集

^