印刷版   

6月19日、マイクロソフトが新メッセンジャーサービスの提供を開始することが明らかに。写真は先月23日に韓国ソウルで撮影(2006年 ロイター/You Sung-Ho)

マイクロソフト、新メッセンジャーサービス提供開始へ

 米マイクロソフトは、インスタント・メッセージング(IM)の新サービス「ウィンドウズ・ライブ・メッセンジャー」の提供を開始すると明らかにした。

 同社はこの他にも様々なオンライン新サービスを導入する計画。成長を続けるオンライン広告市場でのシェア拡大を目指し、ヤフーやグーグルにに対抗する構え。

 「ウィンドウズ・ライブ・メッセンジャー」は、全世界で2億4000万人が利用している「MSNメッセンジャー」の次世代版で、パソコン同士の無料通話、パソコンから通常電話への格安通話などを提供する。また、ウェブカメラを使用したビデオ電話の利用も可能となる。


[ロイター19日=シアトル]

 (06/06/20 14:37)  





■関連文章
  • 米マイクロソフトのゲイツ会長、08年中に経営の一線から引退へ(06/06/16)
  • 米マイクロソフト、8件の「緊急」レベルのソフト欠陥を公表(06/06/14)
  • シマンテック社、セキュリティソフトウェアに深刻な欠陥(06/05/29)
  • MSN中国現地法人、大規模なシステム故障(06/05/22)
  • 米マイクロソフト株急落、1日で3百数億ドル損失(06/05/02)
  • 大英図書館の10万冊の蔵書をネット図書館に(06/03/14)
  • 米議会証人喚問:大手ネット企業4社を厳しく非難(06/02/18)
  • 米フォーブス誌:中共のネット封鎖突破の現実を詳しく報道(06/02/16)
  • MS社、中国の情報検閲に協力、ブログ削除方針も(06/02/03)
  • グーグル社、中国に進出、中共の検閲に同意(06/01/28)
  • マイクロソフト、韓国から事業撤収か(05/10/31)
  • マイクロソフト社とグーグル社の人材争奪戦(05/09/11)
  • 感謝の気持ちで人生を豊かに(05/08/12)
  • 「国境なき記者団」、検閲システムでマイクロソフト社を非難(05/06/17)
  • マイクロソフト中国MSNに 「民主・自由」を使用禁止(05/06/14)